Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

6.11. CLI ツールを使用したオーバークラウドの作成

OpenStack 環境作成における最後の段階では、openstack overcloud deploy コマンドを実行して OpenStack 環境を作成します。このコマンドを実行する前に、キーオプションやカスタムの環境ファイルの追加方法を十分に理解しておく必要があります。

警告

バックグラウンドプロセスとして openstack overcloud deploy を実行しないでください。バックグラウンドのプロセスとして開始された場合にはオーバークラウドの作成は途中で停止してしまう可能性があります。

オーバークラウドのパラメーター設定

以下の表では、openstack overcloud deploy コマンドを使用する際の追加パラメーターを一覧表示します。

表6.2 デプロイメントパラメーター

パラメーター説明

--templates [TEMPLATES]

デプロイする Heat テンプレートが格納されているディレクトリー。空欄にした場合には、コマンドはデフォルトのテンプレートの場所である /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/ を使用します。

--stack STACK

作成または更新するスタックの名前

-t [TIMEOUT], --timeout [TIMEOUT]

デプロイメントのタイムアウト(分単位)。このオプションを keystone トークンのタイムアウト制限よりも高く設定しないでください(デフォルトでは 240 分)。

--libvirt-type [LIBVIRT_TYPE]

ハイパーバイザーに使用する仮想化タイプ

--ntp-server [NTP_SERVER]

時刻の同期に使用する Network Time Protocol (NTP) サーバー。コンマ区切りリストで複数の NTP サーバーを指定することも可能です (例: --ntp-server 0.centos.pool.org,1.centos.pool.org)。高可用性クラスターのデプロイメントの場合には、コントローラーが一貫して同じタイムソースを参照することが必須となります。標準的な環境には、確立された慣行によって、NTP タイムソースがすでに指定されている可能性がある点に注意してください。

--no-proxy [NO_PROXY]

環境変数 no_proxy のカスタム値を定義します。これにより、プロキシー通信から特定のホスト名は除外されます。

--overcloud-ssh-user OVERCLOUD_SSH_USER

オーバークラウドノードにアクセスする SSH ユーザーを定義します。通常、SSH アクセスは heat-admin ユーザーで実行されます。

-e [EXTRA HEAT TEMPLATE], --extra-template [EXTRA HEAT TEMPLATE]

オーバークラウドデプロイメントに渡す追加の環境ファイル。複数回指定することが可能です。openstack overcloud deploy コマンドに渡す環境ファイルの順序が重要である点に注意してください。たとえば、逐次的に渡される各環境ファイルは、前の環境ファイルのパラメーターを上書きします。

--environment-directory

デプロイメントに追加する環境ファイルが格納されているディレクトリー。このコマンドは、これらの環境ファイルを最初に番号順、その後にアルファベット順で処理します。

--validation-errors-nonfatal

オーバークラウドの作成プロセスでは、デプロイメントの前に一連のチェックが行われます。このオプションは、デプロイメント前のチェックで何らかの致命的でないエラーが発生した場合に終了します。どのようなエラーが発生してもデプロイメントが失敗するので、このオプションを使用することを推奨します。

--validation-warnings-fatal

オーバークラウドの作成プロセスでは、デプロイメントの前に一連のチェックが行われます。このオプションは、デプロイメント前のチェックで何らかのクリティカルではない警告が発生した場合に終了します。

--dry-run

オーバークラウドに対する検証チェックを実行しますが、オーバークラウドを実際には作成しません。

--skip-postconfig

オーバークラウドのデプロイ後の設定を省略します。

--force-postconfig

オーバークラウドのデプロイ後の設定を強制的に行います。

--skip-deploy-identifier

DeployIdentifier パラメーターの一意の ID 生成を省略します。ソフトウェア設定のデプロイメントステップは、実際に設定が変更された場合にしか実行されません。このオプションの使用には注意が必要です。特定のロールをスケールアウトする時など、ソフトウェア設定の実行が明らかに不要な場合にしか使用しないでください。

--answers-file ANSWERS_FILE

引数とパラメーターが記載された YAML ファイルへのパス

--rhel-reg

カスタマーポータルまたは Satellite 6 にオーバークラウドノードを登録します。

--reg-method

オーバークラウドノードに使用する登録方法。Red Hat Satellite 6 または Red Hat Satellite 5 の場合は satellite、カスタマーポータルの場合は portal に設定します。

--reg-org [REG_ORG]

登録に使用する組織

--reg-force

すでに登録済みでもシステムを登録します。

--reg-sat-url [REG_SAT_URL]

オーバークラウドノードを登録する Satellite サーバーのベース URL。このパラメーターには、HTTPS URL ではなく、Satellite の HTTP URL を使用します。たとえば、https://satellite.example.com ではなく http://satellite.example.com を使用します。オーバークラウドの作成プロセスではこの URL を使用して、どのサーバーが Red Hat Satellite 5 または Red Hat Satellite 6 サーバーであるかを判断します。Red Hat Satellite 6 サーバーの場合は、オーバークラウドは katello-ca-consumer-latest.noarch.rpm ファイルを取得して subscription-manager に登録し、katello-agent をインストールします。Red Hat Satellite 5 サーバーの場合にはオーバークラウドは RHN-ORG-TRUSTED-SSL-CERT ファイルを取得して rhnreg_ks に登録します。

--reg-activation-key [REG_ACTIVATION_KEY]

登録に使用するアクティベーションキー

環境ファイルの parameter_defaults セクションに追加する Heat テンプレートのパラメーターの使用が優先されるため、一部のコマンドラインパラメーターは古いか非推奨となっています。以下の表では、非推奨となったパラメーターと、それに相当する Heat テンプレートのパラメーターを対照しています。

表6.3 非推奨の CLI パラメーターと Heat テンプレートのパラメーターの対照表

パラメーター説明Heat テンプレートのパラメーター

--control-scale

スケールアウトするコントローラーノード数

ControllerCount

--compute-scale

スケールアウトするコンピュートノード数

ComputeCount

--ceph-storage-scale

スケールアウトする Ceph Storage ノードの数

CephStorageCount

--block-storage-scale

スケールアウトする Cinder ノード数

BlockStorageCount

--swift-storage-scale

スケールアウトする Swift ノード数

ObjectStorageCount

--control-flavor

コントローラーノードに使用するフレーバー

OvercloudControllerFlavor

--compute-flavor

コンピュートノードに使用するフレーバー

OvercloudComputeFlavor

--ceph-storage-flavor

Ceph Storage ノードに使用するフレーバー

OvercloudCephStorageFlavor

--block-storage-flavor

Cinder ノードに使用するフレーバー

OvercloudBlockStorageFlavor

--swift-storage-flavor

Swift Storage ノードに使用するフレーバー

OvercloudSwiftStorageFlavor

--neutron-flat-networks

フラットなネットワークが neutron プラグインで設定されるように定義します。外部ネットワークを作成ができるようにデフォルトは「datacentre」に設定されています。

NeutronFlatNetworks

--neutron-physical-bridge

各ハイパーバイザーで作成する Open vSwitch ブリッジ。デフォルト値は「br-ex」です。通常この値を変更する必要はないはずです。

HypervisorNeutronPhysicalBridge

--neutron-bridge-mappings

使用する論理ブリッジから物理ブリッジへのマッピング。ホストの外部ブリッジ (br-ex) を物理名 (datacentre) にマッピングするようにデフォルト設定されています。これは、デフォルトの Floating ネットワークに使用されます。

NeutronBridgeMappings

--neutron-public-interface

ネットワークノード向けに br-ex にブリッジするインターフェースを定義します。

NeutronPublicInterface

--neutron-network-type

Neutron のテナントネットワーク種別

NeutronNetworkType

--neutron-tunnel-types

neutron テナントネットワークのトンネリング種別。複数の値を指定するには、コンマ区切りの文字列を使用します。

NeutronTunnelTypes

--neutron-tunnel-id-ranges

テナントネットワークを割り当てに使用できる GRE トンネリングの ID 範囲

NeutronTunnelIdRanges

--neutron-vni-ranges

テナントネットワークを割り当てに使用できる VXLAN VNI の ID 範囲

NeutronVniRanges

--neutron-network-vlan-ranges

サポートされる Neutron ML2 および Open vSwitch VLAN マッピングの範囲。デフォルトでは、物理ネットワーク「datacentre」上の VLAN を許可するように設定されています。

NeutronNetworkVLANRanges

--neutron-mechanism-drivers

neutron テナントネットワークのメカニズムドライバー。デフォルトは「openvswitch」です。複数の値を指定するには、コンマ区切りの文字列を使用します。

NeutronMechanismDrivers

--neutron-disable-tunneling

VLAN で区切られたネットワークまたは neutron でのフラットネットワークを使用するためにトンネリングを無効化します。

パラメーターのマッピングなし

--validation-errors-fatal

オーバークラウドの作成プロセスでは、デプロイメントの前に一連のチェックが行われます。このオプションは、デプロイメント前のチェックで何らかの致命的なエラーが発生した場合に終了します。どのようなエラーが発生してもデプロイメントが失敗するので、このオプションを使用することを推奨します。

パラメーターのマッピングなし

これらのパラメーターは、Red Hat OpenStack Platform の今後のリリースで廃止される予定です。

注記

オプションの完全一覧については、以下のコマンドを実行します。

(undercloud) $ openstack help overcloud deploy