Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

5.6. Satellite サーバーをレジストリーとして使用する手順

Red Hat Satellite 6 には、レジストリーの同期機能が備わっています。これにより、複数のイメージを Satellite Server にプルし、アプリケーションライフサイクルの一環として管理することができます。また、他のコンテナー対応システムも Satellite をレジストリーとして使うことができます。コンテナーイメージ管理の詳細は、Red Hat Satellite 6 コンテンツ管理ガイドコンテナーイメージの管理 を参照してください。

以下の手順は、Red Hat Satellite 6 の hammer コマンドラインツールを使用した例を示しています。組織には、例として ACME という名称を使用しています。この組織は、実際に使用する Satellite 6 の組織に置き換えてください。

手順

  1. イメージをローカルレジストリーにプルするためのテンプレートを作成します。

    $ source ~/stackrc
    (undercloud) $ openstack overcloud container image prepare \
      --namespace=rhosp13 \
      --prefix=openstack- \
      --output-images-file /home/stack/satellite_images
    • 任意のサービス用の環境ファイルを指定するには、-e オプションを使用します。
    • カスタムロールファイルを指定するには、-r オプションを使用します。
    • Ceph Storage を使用している場合には、Ceph Storage 用のコンテナーイメージの場所を定義する追加のパラメーターを指定します: --set ceph_namespace--set ceph_image--set ceph_tag
    注記

    上記の openstack overcloud container image prepare コマンドは、registry.redhat.io のレジストリーをターゲットにしてイメージの一覧を生成します。この後のステップでは、openstack overcloud container image prepare コマンドで別の値を使用します。

  2. これで、コンテナーイメージの情報が含まれた satellite_images という名前のファイルが作成されます。このファイルを使用して、コンテナーイメージを Satellite 6 サーバーに同期します。
  3. satellite_images ファイルから YAML 固有の情報を削除して、イメージ一覧のみが記載されたフラットファイルに変換します。この操作は、以下の sed コマンドで実行します。

    (undercloud) $ awk -F ':' '{if (NR!=1) {gsub("[[:space:]]", ""); print $2}}' ~/satellite_images > ~/satellite_images_names

    これにより、Satellite サーバーにプルするイメージのリストが提供されます。

  4. Satellite 6 の hammer ツールがインストールされているシステムに satellite_images_names ファイルをコピーします。あるいは、Hammer CLI ガイド に記載の手順に従って、アンダークラウドに hammer ツールをインストールします。
  5. 以下の hammer コマンドを実行して、実際の Satellite 組織に新規製品 (OSP13 Containers) を作成します。

    $ hammer product create \
      --organization "ACME" \
      --name "OSP13 Containers"

    このカスタム製品に、イメージを保管します。

  6. 製品にベースコンテナーイメージを追加します。

    $ hammer repository create \
      --organization "ACME" \
      --product "OSP13 Containers" \
      --content-type docker \
      --url https://registry.redhat.io \
      --docker-upstream-name rhosp13/openstack-base \
      --name base
  7. satellite_images ファイルからオーバークラウドのコンテナーイメージを追加します。

    $ while read IMAGE; do \
      IMAGENAME=$(echo $IMAGE | cut -d"/" -f2 | sed "s/openstack-//g" | sed "s/:.*//g") ; \
      hammer repository create \
      --organization "ACME" \
      --product "OSP13 Containers" \
      --content-type docker \
      --url https://registry.redhat.io \
      --docker-upstream-name $IMAGE \
      --name $IMAGENAME ; done < satellite_images_names
  8. コンテナーイメージを同期します。

    $ hammer product synchronize \
      --organization "ACME" \
      --name "OSP13 Containers"

    Satellite Server が同期を完了するまで待ちます。

    注記

    設定によっては、hammer から Satellite Server のユーザー名およびパスワードが要求される場合があります。設定ファイルを使って自動的にログインするように hammer を設定することができます。Hammer CLI ガイド認証 セクションを参照してください。

  9. Satellite 6 サーバーでコンテンツビューを使用している場合には、新規コンテンツビューバージョンを作成して、イメージを取り入れます。
  10. base イメージに使用可能なタグを確認します。

    $ hammer docker tag list --repository "base" \
      --organization "ACME" \
      --product "OSP13 Containers"

    これにより、OpenStack Platform コンテナーイメージのタグが表示されます。

  11. アンダークラウドに戻り、Satellite サーバー上のイメージ用に環境ファイルを生成します。環境ファイルを生成するコマンドの例を以下に示します。

    (undercloud) $ openstack overcloud container image prepare \
      --namespace=satellite6.example.com:5000 \
      --prefix=acme-osp13_containers- \
      --tag-from-label {version}-{release} \
      --output-env-file=/home/stack/templates/overcloud_images.yaml
    注記

    このステップの openstack overcloud container image prepare コマンドは、Satellite サーバーをターゲットにします。ここでは、前のステップで使用した openstack overcloud container image prepare コマンドとは異なる値を指定します。

    このコマンドを実行する際には、以下の情報を含めてください。

    • --namespace: Satellite サーバー上のレジストリーの URL およびポート。Red Hat Satellite のレジストリーポートは 5000 です。たとえば、--namespace=satellite6.example.com:5000 のように設定します。

      注記

      Red Hat Satellite バージョン 6.10 を使用している場合は、ポートを指定する必要はありません。デフォルトのポート 443 が使用されます。詳細は、"How can we adapt RHOSP13 deployment to Red Hat Satellite 6.10?" を参照してください。.

    • --prefix= - この接頭辞は、ラベルの Satellite 6 の命名規則に基づいており、この接頭辞は小文字を使用し、アンダースコアの代わりにスペースを使用します。この接頭辞は、コンテンツビューを使用するかどうかによって異なります。

      • コンテンツビューを使用する場合、設定は [org]-[environment]-[content view]-[product]- です。たとえば、acme-production-myosp13-osp13_containers- のようになります。
      • コンテンツビューを使用しない場合、設定は [org]-[product]- です。たとえば、acme-osp13_containers- のようになります。
    • --tag-from-label {version}-{release}: 各イメージの最新のタグを識別します。
    • -e: オプションのサービスの環境ファイルを指定します。
    • -r: カスタムロールファイルを指定します。
    • --set ceph_namespace--set ceph_image--set ceph_tag: Ceph Storage を使用する場合には、Ceph Storage のコンテナーイメージの場所を定義する追加のパラメーターを指定します。ceph_image に Satellite 固有の接頭辞が追加された点に注意してください。この接頭辞は、--prefix オプションと同じ値です。以下に例を示します。

      --set ceph_image=acme-osp13_containers-rhceph-3-rhel7

      これにより、オーバークラウドは Satellite の命名規則の Ceph コンテナーイメージを使用することができます。

  12. overcloud_images.yaml ファイルには、Satellite サーバー上のイメージの場所が含まれます。このファイルをデプロイメントに追加します。

レジストリーの設定が完了しました。