Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

12.5. オブジェクトストレージノードの置き換え

本項の手順で、クラスターの整合性を保ちながらオブジェクトストレージノードを置き換える方法を説明します。以下の例では、3 台のノードで構成されるオブジェクトストレージクラスターで、ノード overcloud-objectstorage-1 を置き換えます。この手順の目的は、ノードを 1 台追加し、その後 overcloud-objectstorage-1 を削除することです (結果的に、置き換えることになります)。

手順

  1. ObjectStorageCount パラメーターを使用してオブジェクトストレージ数を増やします。このパラメーターは、通常ノード数を指定する環境ファイルの node-info.yaml に含まれています。

    parameter_defaults:
      ObjectStorageCount: 4

    ObjectStorageCount パラメーターで、環境内のオブジェクトストレージノードの数を定義します。今回の例では、ノードを 3 つから 4 つにスケーリングします。

  2. 更新した ObjectStorageCount パラメーターを使用して、デプロイメントコマンドを実行します。

    $ source ~/stackrc
    (undercloud) $ openstack overcloud deploy --templates -e node-info.yaml ENVIRONMENT_FILES
  3. デプロイメントコマンドの実行が完了すると、オーバークラウドには追加のオブジェクトストレージノードが含まれるようになります。
  4. 新しいノードにデータを複製します。ノードを削除する前に (この場合は overcloud-objectstorage-1)、複製のパス が新規ノードで完了するのを待ちます。/var/log/swift/swift.log ファイルで複製パスの進捗を確認することができます。パスが完了すると、Object Storage サービスは以下の例のようなエントリーをログに残します。

    Mar 29 08:49:05 localhost object-server: Object replication complete.
    Mar 29 08:49:11 localhost container-server: Replication run OVER
    Mar 29 08:49:13 localhost account-server: Replication run OVER
  5. リングから不要になったノードを削除するには、ObjectStorageCount パラメーターの数を減らして不要になったノードを削除します。今回は 3 に減らします。

    parameter_defaults:
      ObjectStorageCount: 3
  6. 新規環境ファイル (remove-object-node.yaml) を作成します。このファイルでオブジェクトストレージノードを特定し、そのノードを削除します。以下の内容では overcloud-objectstorage-1 の削除を指定します。

    parameter_defaults:
      ObjectStorageRemovalPolicies:
        [{'resource_list': ['1']}]
  7. デプロイメントコマンドに node-info.yaml ファイルと remove-object-node.yaml ファイルの両方を含めます。

    (undercloud) $ openstack overcloud deploy --templates -e node-info.yaml ENVIRONMENT_FILES -e remove-object-node.yaml

director は、オーバークラウドからオブジェクトストレージノードを削除して、オーバークラウド上の残りのノードを更新し、ノードの削除に対応します。