Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

B.6. Virtual Baseboard Management Controller (VBMC)

director は仮想マシンを KVM ホスト上のノードとして使用することができます。エミュレーションされた IPMI デバイスを使用して電源管理を制御します。これにより、「オーバークラウドノードの登録」からの標準の IPMI パラメーターを使用することができますが、仮想ノードに対して使用することになります。

重要

このオプションでは、ベアメタルノードの代わりに仮想マシンを使用します。したがって、テストおよび評価の目的でのみ利用することができます。Red Hat OpenStack Platform のエンタープライズ環境には推奨していません。

KVM ホストの設定

  1. KVM ホスト上で、OpenStack Platform リポジトリーを有効化して python-virtualbmc パッケージをインストールします。

    $ sudo subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-openstack-13-rpms
    $ sudo yum install -y python-virtualbmc
  2. vbmc コマンドを使用して、各仮想マシン用に仮想 Baseboard Management Controller (BMC) を作成します。たとえば、Node01 および Node02 という名前の仮想マシンに BMC を作成するには、それぞれの BMC にアクセスするためのポートを定義し、認証情報を設定し、以下のコマンドを入力します。

    $ vbmc add Node01 --port 6230 --username admin --password PASSWORD
    $ vbmc add Node02 --port 6231 --username admin --password PASSWORD
  3. ホストの該当するポートを開放します。

    $ sudo firewall-cmd --zone=public \
    --add-port=6230/udp \
    --add-port=6231/udp
  4. 変更を永続化します。

    $ sudo firewall-cmd --runtime-to-permanent
  5. 変更がファイアウォール設定に適用され、ポートが開放されていることを確認します。

    $ sudo firewall-cmd --list-all
    注記

    仮想マシンごとに異なるポートを使用してください。1025 未満のポート番号には、システムの root 権限が必要です。

  6. 以下のコマンドを使用して、作成した各 BMC を起動します。

    $ vbmc start Node01
    $ vbmc start Node02
    注記

    KVM ホストのリブート後には、このステップを繰り返す必要があります。

  7. ipmitool を使用してノードを管理できることを確認するには、リモートノードの電源ステータスを表示します。

    $ ipmitool -I lanplus -U admin -P PASSWORD -H 127.0.0.1 -p 6231 power status
    Chassis Power is off

ノードの登録

/home/stack/instackenv.json ノード登録ファイルで、以下のパラメーターを使用します。

pm_type
このオプションを ipmi に設定します。
pm_user、pm_password
ノードの仮想 BMC デバイスの IPMI ユーザー名とパスワードを指定します。
pm_addr
ノードが含まれる KVM ホストの IP アドレスを指定します。
pm_port
KVM ホスト上の特定のノードにアクセスするためのポートを指定します。
mac
ノード上のネットワークインターフェースの MAC アドレス一覧を指定します。各システムのプロビジョニング NIC の MAC アドレスのみを使用します。

以下に例を示します。

{
  "nodes": [
    {
      "pm_type": "ipmi",
      "mac": [
        "aa:aa:aa:aa:aa:aa"
      ],
      "pm_user": "admin",
      "pm_password": "p455w0rd!",
      "pm_addr": "192.168.0.1",
      "pm_port": "6230",
      "name": "Node01"
    },
    {
      "pm_type": "ipmi",
      "mac": [
        "bb:bb:bb:bb:bb:bb"
      ],
      "pm_user": "admin",
      "pm_password": "p455w0rd!",
      "pm_addr": "192.168.0.1",
      "pm_port": "6231",
      "name": "Node02"
    }
  ]
}

既存のノードの移行

非推奨の pxe_ssh ドライバーから新しい仮想 BMC 方式の使用に切り替えて、既存のノードを移行することができます。以下のコマンドは、ノードが ipmi ドライバーを使用するようにし、そのパラメーターを以下のように設定します。

openstack baremetal node set Node01 \
    --driver ipmi \
    --driver-info ipmi_address=192.168.0.1 \
    --driver-info ipmi_port=6230 \
    --driver-info ipmi_username="admin" \
    --driver-info ipmi_password="p455w0rd!"