Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

9.9. 動的インベントリースクリプトの実行

director を使用すると、Ansible ベースの自動化を OpenStack Platform 環境で実行することができます。director は、tripleo-ansible-inventory コマンドを使用して、環境内にノードの動的インベントリーを生成します。

手順

  1. ノードの動的インベントリーを表示するには、stackrc を読み込んだ後に tripleo-ansible-inventory コマンドを実行します。

    $ source ~/stackrc
    (undercloud) $ tripleo-ansible-inventory --list

    --list オプションを指定すると、全ホストの詳細が表示されます。これにより、動的インベントリーが JSON 形式で出力されます。

    {"overcloud": {"children": ["controller", "compute"], "vars": {"ansible_ssh_user": "heat-admin"}}, "controller": ["192.168.24.2"], "undercloud": {"hosts": ["localhost"], "vars": {"overcloud_horizon_url": "http://192.168.24.4:80/dashboard", "overcloud_admin_password": "abcdefghijklm12345678", "ansible_connection": "local"}}, "compute": ["192.168.24.3"]}
  2. お使いの環境で Ansible のプレイブックを実行するには、ansible コマンドを実行し、-i オプションを使用して動的インベントリーツールの完全パスを追加します。以下に例を示します。

    (undercloud) $ ansible [HOSTS] -i /bin/tripleo-ansible-inventory [OTHER OPTIONS]
    • [HOSTS] は使用するホストの種別に置き換えます。以下に例を示します。

      • 全コントローラーノードの場合には controller
      • 全コンピュートノードの場合には compute
      • コントローラー および コンピュート など、オーバークラウドの全子ノードの場合には overcloud
      • アンダークラウドの場合には undercloud
      • 全ノードの場合には "*"
    • [OTHER OPTIONS] は追加の Ansible オプションに置き換えてください。役立つオプションには以下が含まれます。

      • --ssh-extra-args='-o StrictHostKeyChecking=no' は、ホストキーのチェックを省略します。
      • -u [USER] は、Ansible の自動化を実行する SSH ユーザーを変更します。オーバークラウドのデフォルトの SSH ユーザーは、動的インベントリーの ansible_ssh_user パラメーターで自動的に定義されます。-u オプションは、このパラメーターより優先されます。
      • -m [MODULE] は、特定の Ansible モジュールを使用します。デフォルトは command で Linux コマンドを実行します。
      • -a [MODULE_ARGS] は選択したモジュールの引数を定義します。
重要

オーバークラウドの Ansible 自動化は、標準のオーバークラウドスタックとは異なります。つまり、この後に openstack overcloud deploy コマンドを実行すると、オーバークラウドノード上の OpenStack Platform サービスに対する Ansible ベースの設定を上書きする可能性があります。