Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

7.5. Web UI を使用したノードのハードウェアのイントロスペクション

director UI は各ノードでイントロスペクションプロセスを実行することができます。このプロセスを実行すると、各ノードが PXE を介してイントロスペクションエージェントを起動します。このエージェントは、ノードからハードウェアのデータを収集して、director に送り返します。次に director は、director 上で実行中の OpenStack Object Storage (swift) サービスにこのイントロスペクションデータを保管します。director は、プロファイルのタグ付け、ベンチマーキング、ルートディスクの手動割り当てなど、さまざまな目的でハードウェア情報を使用します。

注記

ポリシーファイルを作成して、イントロスペクションの直後にノードをプロファイルに自動でタグ付けすることも可能です。ポリシーファイルを作成してイントロスペクションプロセスに組み入れる方法に関する詳しい情報は、「付録E プロファイルの自動タグ付け」を参照してください。または、UI を使用してプロファイルにノードをタグ付けすることもできます。手動でのノードのタグ付けに関する情報は、「Web UI を使用したロールへのノードの割り当て」を参照してください。

イントロスペクションのプロセスを開始するには、以下のステップを実行します。

  1. ノード 画面に移動します。
  2. イントロスペクションを行うノードをすべて選択します。
  3. イントロスペクション をクリックします。
重要

このプロセスが最後まで実行されて正常に終了したことを確認してください。ベアメタルノードの場合には、通常 15 分ほどかかります。

イントロスペクションのプロセスを完了したら、プロビジョニングの状態manageable に設定されているノードをすべて選択して、プロビジョン ボタンをクリックします。プロビジョニングの状態available になるまで待ちます。

ノードのタグ付けおよびプロビジョニングの準備ができました。