Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

6.7. overcloud-minimal イメージの使用による Red Hat サブスクリプションエンタイトルメントの使用回避

デフォルトでは、プロビジョニングプロセス中 director はルートディスクに QCOW2 overcloud-full イメージを書き込みます。overcloud-full イメージには、有効な Red Hat サブスクリプションが使用されます。ただし、overcloud-minimal イメージを使用して、たとえばベア OS をプロビジョニングすることもできます。この場合、他の OpenStack サービスは使用されないので、サブスクリプションエンタイトルメントは消費されません。

この典型的なユースケースは、Ceph デーモンのみを持つノードをプロビジョニングする場合です。この場合や類似のユースケースでは、overcloud-minimal イメージのオプションを使用して、有償の Red Hat サブスクリプションが限度に達するのを避けることができます。overcloud-minimal イメージの取得方法についての情報は、「オーバークラウドノードのイメージの取得」を参照してください。

手順

  1. overcloud-minimal イメージを使用するように director を設定するには、以下のイメージ定義を含む環境ファイルを作成します。

    parameter_defaults:
      <roleName>Image: overcloud-minimal
  2. <roleName> をロール名に置き換え、ロール名に Image を追加します。Ceph Storage ノードの overcloud-minimal イメージの例を以下に示します。

    parameter_defaults:
      CephStorageImage: overcloud-minimal
  3. この環境ファイルを openstack overcloud deploy コマンドに渡します。
注記

OVS は OpenStack サブスクリプションエンタイトルメントが必要な OpenStack サービスです。したがって、overcloud-minimal イメージでサポートされるのは標準の Linux ブリッジだけで、OVS はサポートされません。