Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第13章 コントローラーノードの置き換え

特定の状況では、高可用性クラスター内のコントローラーノードに障害が発生することがあります。その場合は、そのコントローラーノードをクラスターから削除して新しいコントローラーノードに置き換える必要があります。

以下のシナリオの手順を実施して、コントローラーノードを置き換えます。コントローラーノードを置き換えるプロセスでは、openstack overcloud deploy コマンドを実行し、コントローラーノードを置き換えるリクエストでオーバークラウドを更新します。

重要

以下の手順は、高可用性環境にのみ適用されます。コントローラーノード 1 台の場合には、この手順は使用しないでください。

13.1. コントローラー置き換えの準備

オーバークラウドコントローラーノードの置き換えを試みる前に、Red Hat OpenStack Platform 環境の現在の状態をチェックしておくことが重要です。このチェックしておくと、コントローラーの置き換えプロセス中に複雑な事態が発生するのを防ぐことができます。以下の事前チェックリストを使用して、コントローラーノードの置き換えを実行しても安全かどうかを確認してください。チェックのためのコマンドはすべてアンダークラウドで実行します。

手順

  1. アンダークラウドで、overcloud スタックの現在の状態をチェックします。

    $ source stackrc
    (undercloud) $ openstack stack list --nested

    overcloud スタックと後続の子スタックは、CREATE_COMPLETE または UPDATE_COMPLETE のステータスである必要があります。

  2. アンダークラウドデータベースのバックアップを実行します。

    (undercloud) $ mkdir /home/stack/backup
    (undercloud) $ sudo mysqldump --all-databases --quick --single-transaction | gzip > /home/stack/backup/dump_db_undercloud.sql.gz
  3. アンダークラウドに、新規ノードプロビジョニング時のイメージのキャッシュと変換に対応できる 10 GB の空きストレージ領域があることを確認します。
  4. 新規コントローラーノード用に IP アドレスを再利用する場合は、古いコントローラーが使用したポートを削除するようにしてください。

    (undercloud) $ openstack port delete <port>
  5. コントローラーノードで実行中の Pacemaker の状態をチェックします。たとえば、実行中のコントローラーノードの IP アドレスが 192.168.0.47 の場合には、以下のコマンドで Pacemaker のステータス情報を取得します。

    (undercloud) $ ssh heat-admin@192.168.0.47 'sudo pcs status'

    出力には、既存のノードで実行中のサービスと、障害が発生しているノードで停止中のサービスがすべて表示されるはずです。

  6. オーバークラウド MariaDB クラスターの各ノードで以下のパラメーターをチェックします。

    • wsrep_local_state_comment: Synced
    • wsrep_cluster_size: 2

      実行中のコントローラーノードで以下のコマンドを使用して、パラメーターをチェックします。以下の例では、コントローラーノードの IP アドレスは、それぞれ 192.168.0.47 と 192.168.0.46 です。

      (undercloud) $ for i in 192.168.0.47 192.168.0.46 ; do echo "*** $i ***" ; ssh heat-admin@$i "sudo mysql -p\$(sudo hiera -c /etc/puppet/hiera.yaml mysql::server::root_password) --execute=\"SHOW STATUS LIKE 'wsrep_local_state_comment'; SHOW STATUS LIKE 'wsrep_cluster_size';\""; done
  7. RabbitMQ のステータスをチェックします。たとえば、実行中のコントローラーノードの IP アドレスが 192.168.0.47 の場合には、以下のコマンドを実行してステータスを取得します。

    (undercloud) $ ssh heat-admin@192.168.0.47 "sudo docker exec \$(sudo docker ps -f name=rabbitmq-bundle -q) rabbitmqctl cluster_status"

    running_nodes キーには、障害が発生しているノードは表示されず、稼働中のノード 2 台のみが表示されるはずです。

  8. フェンシングが有効化されている場合には無効にします。たとえば、実行中のコントローラーノードの IP アドレスが 192.168.0.47 の場合には、以下のコマンドを実行してフェンシングを無効にします。

    (undercloud) $ ssh heat-admin@192.168.0.47 "sudo pcs property set stonith-enabled=false"

    以下のコマンドを実行してフェンシングのステータスを確認します。

    (undercloud) $ ssh heat-admin@192.168.0.47 "sudo pcs property show stonith-enabled"
  9. director ノードで nova-compute サービスをチェックします。

    (undercloud) $ sudo systemctl status openstack-nova-compute
    (undercloud) $ openstack hypervisor list

    出力では、メンテナンスモードに入っていないすべてのノードが up のステータスで表示されるはずです。

  10. アンダークラウドサービスがすべて実行中であることを確認します。

    (undercloud) $ sudo systemctl -t service