Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

第6章 CLI ツールを使用した基本的なオーバークラウドの設定

本章では、CLI ツールを使用した OpenStack Platform 環境の基本的な設定手順を説明します。基本設定のオーバークラウドには、カスタム機能は含まれません。ただし、『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』に記載の手順に従って、この基本的なオーバークラウドに高度な設定オプションを追加し、仕様に合わせてカスタマイズすることができます。

本章の例では、すべてのノードが電源管理に IPMI を使用したベアメタルシステムとなっています。これ以外のサポート対象電源管理ドライバーおよびそのオプションに関する詳細は、「付録B 電源管理ドライバー」を参照してください。

ワークフロー

  1. ノード定義のテンプレートを作成して director で空のノードを登録します。
  2. 全ノードのハードウェアを検査します。
  3. ロールにノードをタグ付けします。
  4. 追加のノードプロパティーを定義します。

要件

  • 4章アンダークラウドのインストール」で作成した director ノード
  • ノードに使用するベアメタルマシンのセット。必要なノード数は、作成予定のオーバークラウドのタイプにより異なります (オーバークラウドロールに関する情報は「ノードのデプロイメントロールのプランニング」を参照してください)。これらのマシンは、各ノード種別に設定された要件に従う必要があります。これらの要件については、「オーバークラウドの要件」を参照してください。これらのノードにはオペレーティングシステムは必要ありません。director が Red Hat Enterprise Linux 7 のイメージを各ノードにコピーします。
  • ネイティブ VLAN として設定したプロビジョニングネットワーク用のネットワーク接続 1 つ。全ノードは、このネイティブに接続して、「ネットワーク要件」で設定した要件に準拠する必要があります。この章の例では、以下の IP アドレスの割り当てで、プロビジョニングサブネットとして 192.168.24.0/24 を使用します。

    表6.1 プロビジョニングネットワークの IP 割り当て

    ノード名

    IP アドレス

    MAC アドレス

    IPMI IP アドレス

    director

    192.168.24.1

    aa:aa:aa:aa:aa:aa

    不要

    コントローラー

    定義済みの DHCP

    bb:bb:bb:bb:bb:bb

    192.168.24.205

    コンピュート

    定義済みの DHCP

    cc:cc:cc:cc:cc:cc

    192.168.24.206

  • その他のネットワーク種別はすべて、OpenStack サービスにプロビジョニングネットワークを使用します。ただし、ネットワークトラフィックの他のタイプに追加でネットワークを作成することができます。
  • コンテナーイメージのソース。コンテナーイメージのソースを含む環境ファイルの生成方法については、「5章コンテナーイメージのソースの設定」を参照してください。

6.1. オーバークラウドノードの登録

director では、手動で作成したノード定義のテンプレートが必要です。このファイル(instackenv.json)は JSON 形式を使用し、ノードのハードウェアおよび電源管理の情報が含まれます。たとえば、2 つのノードを登録するテンプレートは、以下のようになります。

{
    "nodes":[
        {
            "mac":[
                "bb:bb:bb:bb:bb:bb"
            ],
            "name":"node01",
            "cpu":"4",
            "memory":"6144",
            "disk":"40",
            "arch":"x86_64",
            "pm_type":"ipmi",
            "pm_user":"admin",
            "pm_password":"p@55w0rd!",
            "pm_addr":"192.168.24.205"
        },
        {
            "mac":[
                "cc:cc:cc:cc:cc:cc"
            ],
            "name":"node02",
            "cpu":"4",
            "memory":"6144",
            "disk":"40",
            "arch":"x86_64",
            "pm_type":"ipmi",
            "pm_user":"admin",
            "pm_password":"p@55w0rd!",
            "pm_addr":"192.168.24.206"
        }
    ]
}

このテンプレートでは、以下の属性を使用します。

name
ノードの論理名
pm_type
使用する電源管理ドライバー。この例で使用しているのは IPMI ドライバー (ipmi) で、電源管理の推奨ドライバーです。
注記

IPMI が推奨されるサポート対象電源管理ドライバーです。これ以外のサポート対象電源管理ドライバーおよびそのオプションに関する詳細は、「付録B 電源管理ドライバー」を参照してください。それらの電源管理ドライバーが想定どおりに機能しない場合には、電源管理に IPMI を使用してください。

pm_user; pm_password
IPMI のユーザー名およびパスワード。IPMI および Redfish では、これらの属性は任意です。また、iLO および iDRAC では必須です。
pm_addr
IPMI デバイスの IP アドレス
pm_port
(オプション) 特定の IPMI デバイスにアクセスするためのポート
mac
(オプション) ノード上のネットワークインターフェースの MAC アドレス一覧。各システムのプロビジョニング NIC の MAC アドレスのみを使用します。
cpu
(オプション) ノード上の CPU 数
memory
(オプション) メモリーサイズ (MB 単位)
disk
(オプション) ハードディスクのサイズ (GB 単位)
arch
(オプション) システムアーキテクチャー
重要

マルチアーキテクチャークラウドをビルドする場合には、x86_64 アーキテクチャーを使用するノードと ppc64le アーキテクチャーを使用するノードを区別するために arch キーが必須です。

テンプレートを作成したら、以下のコマンドを実行してフォーマットおよび構文を検証します。

$ source ~/stackrc
(undercloud) $ openstack overcloud node import --validate-only ~/instackenv.json

stack ユーザーのホームディレクトリーにファイルを保存し (/home/stack/instackenv.json)、続いて以下のコマンドを実行してテンプレートを director にインポートします。

(undercloud) $ openstack overcloud node import ~/instackenv.json

このコマンドでテンプレートをインポートして、テンプレートから director に各ノードを登録します。

ノードを登録して設定が完了した後に、CLI でこれらのノードの一覧を表示します。

(undercloud) $ openstack baremetal node list