Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

B.3. Integrated Lights-Out (iLO)

Hewlett-Packard の iLO は、電源管理やサーバー監視などの帯域外 (OOB) リモート管理機能を提供するインターフェースです。

pm_type
このオプションを ilo に設定します。
pm_user; pm_password
iLO のユーザー名およびパスワード
pm_addr

iLO インターフェースの IP アドレス

  • このドライバーを有効化するには、undercloud.confenabled_hardware_types オプションに ilo を追加してから、openstack undercloud install を再実行します。
  • また director では、iLO 向けに追加のユーティリティーセットが必要です。python-proliantutils パッケージをインストールして openstack-ironic-conductor サービスを再起動します。

    $ sudo yum install python-proliantutils
    $ sudo systemctl restart openstack-ironic-conductor.service
  • 正常にイントロスペクションを実施するためには、HP ノードの ILO ファームウェアバージョンは、最低でも 1.85 (2015 年 5 月 13 日版) でなければなりません。この ILO ファームウェアバージョンを使用するノードで、director は正常にテストされています。
  • 共有 iLO ポートの使用はサポートされません。