Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

8.8. 事前にプロビジョニングされたノードを使用したオーバークラウドの作成

オーバークラウドのデプロイメントには、「CLI ツールを使用したオーバークラウドの作成」に記載された標準の CLI の方法を使用します。事前にプロビジョニングされたノードの場合は、デプロイメントコマンドに追加のオプションと、コア Heat テンプレートコレクションからの環境ファイルが必要です。

  • --disable-validations: 事前にプロビジョニングされたインフラストラクチャーで使用しないサービスに対する基本的な CLI 検証を無効化します。無効化しないと、デプロイメントに失敗します。
  • environments/deployed-server-environment.yaml: 事前にプロビジョニングされたインフラストラクチャーを作成、設定するための主要な環境ファイル。この環境ファイルは、OS::Nova::Server リソースを OS::Heat::DeployedServer リソースに置き換えます。
  • environments/deployed-server-bootstrap-environment-rhel.yaml: 事前にプロビジョニングされたサーバー上でブートストラップのスクリプトを実行する環境ファイル。このスクリプトは、追加パッケージをインストールして、オーバークラウドノードの基本設定を提供します。
  • environments/deployed-server-pacemaker-environment.yaml: 事前にプロビジョニングされたコントローラーノードで Pacemaker の設定を行う環境ファイル。このファイルに登録されるリソースの名前空間は、deployed-server/deployed-server-roles-data.yaml からのコントローラーのロール名を使用します。デフォルトでは、ControllerDeployedServer となっています。
  • deployed-server/deployed-server-roles-data.yaml: カスタムロールのサンプルファイル。これは、デフォルトの roles_data.yaml が複製されたファイルですが、各ロールの disable_constraints: True パラメーターも含まれています。このパラメーターは、生成されたロールテンプレートのオーケストレーションの制約を無効にします。これらの制約は、事前にプロビジョニングされたインフラストラクチャーで使用しないサービスが対象です。

    独自のカスタムロールファイルを使用する場合には、各ロールに disable_constraints: True パラメーターを追加するようにしてください。以下に例を示します。

    - name: ControllerDeployedServer
      disable_constraints: True
      CountDefault: 1
      ServicesDefault:
        - OS::TripleO::Services::CACerts
        - OS::TripleO::Services::CephMon
        - OS::TripleO::Services::CephExternal
        - OS::TripleO::Services::CephRgw
        ...

事前にプロビジョニングされたアーキテクチャー固有の環境ファイルを使用したオーバークラウドデプロイメントのコマンド例を、以下に示します。

$ source ~/stackrc
(undercloud) $ openstack overcloud deploy \
  [other arguments] \
  --disable-validations \
  -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/deployed-server-environment.yaml \
  -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/deployed-server-bootstrap-environment-rhel.yaml \
  -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/deployed-server-pacemaker-environment.yaml \
  -r /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/deployed-server/deployed-server-roles-data.yaml

このコマンドにより、オーバークラウドの設定を開始されます。ただし、デプロイメントのスタックは、オーバークラウドのノードリソースが CREATE_IN_PROGRESS の段階に入ると一時停止します。

2017-01-14 13:25:13Z [overcloud.Compute.0.Compute]: CREATE_IN_PROGRESS  state changed
2017-01-14 13:25:14Z [overcloud.Controller.0.Controller]: CREATE_IN_PROGRESS  state changed

このように一時停止されるのは、オーバークラウドノード上のオーケストレーションエージェントがメタデータサーバーをポーリングするのを director が待っているためです。次のセクションでは、メタデータサーバーのポーリングを開始するようにノードを設定する方法を説明します。