Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat OpenStack Platform

8.6. オーバークラウドノードに別のネットワークを使用する方法

デフォルトでは、director はオーバークラウドのコントロールプレーンとしてプロビジョニングネットワークを使用します。ただし、このネットワークが分離されてルーティング不可能な場合には、ノードは設定中に director の内部 API と通信することができません。このような状況では、ノードに別のネットワークを定義して、パブリック API 経由で director と通信するように設定しなければならない場合があります。

このシナリオには、いくつかの要件があります。

  • オーバークラウドノードは、「コントロールプレーンのネットワークの設定」からの基本的なネットワーク設定に対応する必要があります。
  • パブリック API エンドポイントを使用できるように director 上で SSL/TLS を有効化する必要があります。詳しい情報は、「director の設定パラメーター」と「付録A SSL/TLS 証明書の設定」を参照してください。
  • director 向けにアクセス可能な完全修飾ドメイン名 (FQDN) を定義する必要があります。この FQDN は、director にルーティング可能な IP アドレスを解決する必要があります。undercloud.conf ファイルの undercloud_public_host パラメーターを使用して、この FQDN を設定します。

本項に記載する例では、主要なシナリオとは異なる IP アドレスの割り当てを使用します。

表8.2 プロビジョニングネットワークの IP 割り当て

ノード名IP アドレスまたは FQDN

director (内部 API)

192.168.24.1 (プロビジョニングネットワークおよびコントロールプレーン)

director (パブリック API)

10.1.1.1 / director.example.com

オーバークラウドの仮想 IP

192.168.100.1

Controller 0

192.168.100.2

Compute 0

192.168.100.3

以下の項では、オーバークラウドノードに別のネットワークが必要な場合の追加の設定について説明します。

オーケストレーションの設定

アンダークラウドの SSL/TLS 通信を有効化している場合には、director は、大半のサービスにパブリック API エンドポイントを提供します。ただし、OpenStack Orchestration (heat) は、メタデータのデフォルトのプロバイダーとして内部エンドポイントを使用します。そのため、オーバークラウドノードがパブリックエンドポイントの OpenStack Orchestration にアクセスできるように、アンダークラウドを変更する必要があります。この変更には、director 上の Puppet hieradata の変更などが含まれます。

undercloud.confhieradata_override を使用すると、アンダークラウド設定用に追加で Puppet hieradata を指定することができます。以下の手順を使用して、OpenStack Orchestration に関連する hieradata を変更してください。

  1. hieradata_override ファイルをまだ使用していない場合には、新しいファイルを作成します。以下の例では、/home/stack/hieradata.yaml にあるファイルを使用します。
  2. /home/stack/hieradata.yaml に以下の hieradata を追加します。

    heat_clients_endpoint_type: public
    heat::engine::default_deployment_signal_transport: TEMP_URL_SIGNAL

    これにより、デフォルトの internal から public にエンドポイントが変更され、TempURL を使用するシグナルの方法が OpenStack Object Storage (swift) から変更されます。

  3. undercloud.conf で、hieradata_override パラメーターを hieradata ファイルのパスに設定します。

    hieradata_override = /home/stack/hieradata.yaml
  4. openstack undercloud install コマンドを再度実行して、新規設定オプションを実装します。

これにより、オーケストレーションメタデータが director のパブリック API 上の URL を使用するように切り替えられます。

IP アドレスの割り当て

IP の割り当て方法は、「コントロールプレーンのネットワークの設定」に記載の手順と類似しています。ただし、コントロールプレーンはデプロイしたサーバーからルーティング可能ではないので、DeployedServerPortMap パラメーターを使用して、コントロールプレーンにアクセスする仮想 IP アドレスを含め、選択したオーバークラウドノードのサブネットから IP アドレスを割り当てます。このネットワークアーキテクチャーに対応するように、「コントロールプレーンのネットワークの設定」ctlplane-assignments.yaml 環境ファイルを変更したバージョンを以下に示します。

resource_registry:
  OS::TripleO::DeployedServer::ControlPlanePort: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/deployed-server/deployed-neutron-port.yaml
  OS::TripleO::Network::Ports::ControlPlaneVipPort: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/deployed-server/deployed-neutron-port.yaml
  OS::TripleO::Network::Ports::RedisVipPort: /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/network/ports/noop.yaml 1

parameter_defaults:
  NeutronPublicInterface: eth1
  EC2MetadataIp: 192.168.100.1 2
  ControlPlaneDefaultRoute: 192.168.100.1
  DeployedServerPortMap:
    control_virtual_ip:
      fixed_ips:
        - ip_address: 192.168.100.1
      subnets:
        - cidr: 24
    controller-0-ctlplane:
      fixed_ips:
        - ip_address: 192.168.100.2
      subnets:
        - cidr: 24
    compute-0-ctlplane:
      fixed_ips:
        - ip_address: 192.168.100.3
      subnets:
        - cidr: 24
1
RedisVipPort リソースは、network/ports/noop.yaml にマッピングされます。このマッピングは、デフォルトの Redis VIP アドレスがコントロールプレーンから割り当てられていることが理由です。このような場合には、noop を使用して、このコントロールプレーンマッピングを無効化します。
2
EC2MetadataIpControlPlaneDefaultRoute パラメーターは、コントロールプレーンの仮想 IP アドレスの値に設定されます。デフォルトの NIC 設定テンプレートでは、これらのパラメーターが必須で、デプロイメント中に実行される検証に合格するには、ping 可能な IP アドレスを使用するように設定する必要があります。または、これらのパラメーターが必要ないように NIC 設定をカスタマイズします。