6.11. クラスターリソースのクリーンアップ

リソースに障害が発生すると、クラスターの状態を表示するときに障害メッセージが表示されます。このリソースを解決する場合、pcs resource cleanup コマンドで障害状態を消去できます。このコマンドはリソースの状態と failcount をリセットし、リソースの動作履歴を消去して現在の状態を再検出するようクラスターに指示します。
以下のコマンドは、resource_id によって指定されたリソースをクリーンアップします。
pcs resource cleanup resource_id
resource_id を指定しないと、このコマンドはすべてのリソースのリソース状態と failcount をリセットします。
Red Hat Enterprise Linux 7.5 では、pcs resource cleanup コマンドは、失敗したアクションとして表示されるリソースのみを検証します。全ノードの全リソースを調査するには、次のコマンドを入力します。
pcs resource refresh
デフォルトでは、 pcs resource refresh コマンドは、リソースの状態がわかっているノードだけを調べます。状態が分からないリソースもすべて調べるには、以下のコマンドを入力します。
pcs resource refresh --full