Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

8.4. クラスターリソースの有効化、無効化、および禁止

「リソースを手作業で移動する」 に説明されている pcs resource move および pcs resource relocate コマンドの他にも、クラスターリソースの動作を制御するために使用できるコマンドは複数あります。
実行中のリソースを手動で停止し、クラスターが再起動しないようにする場合は、以下のコマンドを使用します。その他の設定 (制約、オプション、失敗など) によっては、リソースが起動した状態のままになる可能性があります。--wait オプションを指定すると、pcs はリソースが停止するまで「n」秒間待機します。その後、リソースが停止した場合は 0 を返し、リソースが停止しなかった場合は 1 を返します。「n」を指定しないと、デフォルトの 60 分に設定されます。
pcs resource disable resource_id [--wait[=n]]
クラスターがリソースを起動できるようにするには、次のコマンドを使用します。他の設定によっては、リソースが停止したままになることがありす。--wait オプションを指定すると、pcs はリソースが開始するまで最長で「n」秒間待機します。その後、リソースが開始した場合には 0、リソースが開始しなかった場合には 1 を返します。「n」を指定しないと、デフォルトの 60 分に設定されます。
pcs resource enable resource_id [--wait[=n]]
指定したノードでリソースが実行されないようにする場合は、次のコマンドを使用します。ノードを指定しないと、現在実行中のノードでリソースが実行されないようになります。
pcs resource ban resource_id [node] [--master] [lifetime=lifetime] [--wait[=n]]
pcs resource ban コマンドを実行すると、場所制約である -INFINITY がリソースに追加され、リソースが指定のノードで実行されないようにします。pcs resource clear または pcs constraint delete コマンドを実行すると制約を削除できます。このコマンドを実行しても、リソースが必ずしも指定のノードに戻る訳ではありません。その時点でリソースが実行できる場所は、リソースを最初に設定した方法によって異なります。リソース制約の詳細は 7章リソースの制約 を参照してください。
pcs resource ban コマンドの --master パラメーターを指定すると、制約の範囲がマスターロールに限定され、resource_id の代わりに master_id を指定する必要があります。
任意で pcs resource ban コマンドに lifetime パラメーターを設定し、制約が持続する期間を指定できます。lifetime パラメーターの単位や、lifetime パラメーターがチェックされる間隔を指定する方法については、「リソースを手作業で移動する」 を参照してください。
任意で、pcs resource ban コマンドに --wait[=n] パラメーターを設定し、移行先のノードでリソースが起動するまでの待機時間 (秒単位) できます。待機時間がこの値を超えると、リソースが起動した場合に 0 が返され、リソースが起動しなかった場合は 1 が返されます。n の値を指定しないと、デフォルトのリソースのタイムアウト値が使用されます。
指定したリソースを現在のノードで強制起動する場合は pcs resource コマンドの debug-start パラメーターを使用します。これは、主にデバッグリソースに使用されます。クラスターでのリソースの起動は (ほぼ) 毎回 Pacemaker で行われるため、直接 pcs コマンドを使用した起動は行われません。リソースが起動しない原因は、大抵、リソースが誤って設定されているか (システムログでデバッグします)、リソースが起動しないように制約が設定されているか、リソースが無効になっているかのいずれかになります。この場合は、次のコマンドを使用してリソースの設定をテストできます。ただし、通常は、クラスター内でリソースを起動するのに使用しないでください。
debug-start コマンドの形式を以下に示します。
pcs resource debug-start resource_id

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。