Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

9.6. 使用と配置ストラテジー

Pacemaker は、すべてのノードのリソース割り当てスコアに従って、リソースを配置する場所を決定します。このリソースは、リソースのスコアが最も高いノードに割り当てられます。この割り当てスコアは、リソースの制約、resource-stickiness の設定、各ノードにおけるリソースの過去の障害履歴、各ノードの使用率などの要因の組み合わせから導出されます。
すべてのノードでリソース割り当てスコアが等しい場合、デフォルトの配置ストラテジーにより、Pacemaker は、負荷を分散するために、割り当てられたリソースの数が最も少ないノードを選択します。各ノードのリソースの数が等しい場合は、CIB の最初の対象ノードがリソースを実行するのに選択されます。
ただし、多くの場合、リソースが使用するノードの容量 (メモリーや I/O など) の割合は、状況によって大きく異なります。そのため、ノードに割り当てられているリソースの数のみを考慮して、いつでも思想的な負荷分散が行われるとは限りません。また、リソースの合計要件が、指定の容量を超えるように配置されている場合は、リソースが完全に起動できなくなるか、パフォーマンスが低下した状態で起動することがあります。このような要因を考慮するために、Pacemaker では次の要素を設定できます。
  • 特定のノードの容量
  • 特定のリソースが必要な容量
  • リソースの配置の全体的なストラテジー
以下のセクションでは、これらのコンポーネントの設定方法を説明します。

9.6.1. 使用率属性

ノードの容量、またはリソースが必要な容量を設定するには、ノードとリソースに utilization attributes を使用します。これを行うには、リソースの使用率変数を設定し、その変数に値を割り当ててリソースに必要なものを示してから、同じ使用率変数をノードに設定し、その変数に値を割り当ててそのノードが提供するものを示します。
設定に応じて使用率属性に名前を付け、構成に必要な数だけ名前と値のペアを定義できます。使用率属性の値は整数である必要があります。
Red Hat Enterprise Linux 7.3 では、pcs コマンドを使用して使用率属性を設定できます。
以下の例では、2 つのノードに対して CPU キャパシティーの使用率属性を設定して、属性 cpu を命名します。また、RAM 容量の使用率属性も設定して、属性 memory を命名します。この例では、以下のように設定されています。
  • ノード 1 は、CPU 容量 2 と、RAM 容量 2048 を指定するように定義されています。
  • ノード 2 は、CPU 容量 4 と、RAM 容量 2048 を指定するように定義されています。
# pcs node utilization node1 cpu=2 memory=2048
# pcs node utilization node2 cpu=4 memory=2048
次の例では、3 つの異なるリソースに必要な、同じ使用率属性を指定します。この例では、以下のように設定されています。
  • dummy-small リソースには、CPU 容量 1 と、RAM 容量 1024 が必要です。
  • dummy-medium リソースには、CPU 容量 2 と、RAM 容量 2048 が必要です。
  • dummy-large リソースには、CPU 容量 1 と、RAM 容量 3072 が必要です。
# pcs resource utilization dummy-small cpu=1 memory=1024
# pcs resource utilization dummy-medium cpu=2 memory=2048
# pcs resource utilization dummy-large cpu=3 memory=3072
使用率属性で定義されているリソースの要件を満たすのに十分な空き容量があれば、ノードはリソースに適格と見なされます。