1.2. Pacemaker 設定ツールのインストール

以下の yum install コマンドを使って Red Hat High Availability Add-On ソフトウェアのパッケージおよび利用可能なフェンスエージェントを High Availability チャネルからインストールします。
# yum install pcs pacemaker fence-agents-all
このコマンドの代わりに以下のコマンドを実行すると、Red Hat High Availability Add-On ソフトウェアパッケージと必要なフェンスエージェントのみをインストールできます。
# yum install pcs pacemaker fence-agents-model
以下のコマンドは、利用できるフェンスエージェントの一覧を表示します。
# rpm -q -a | grep fence
fence-agents-rhevm-4.0.2-3.el7.x86_64
fence-agents-ilo-mp-4.0.2-3.el7.x86_64
fence-agents-ipmilan-4.0.2-3.el7.x86_64
...
lvm2-clustergfs2-utils のパッケージは ResilientStorage チャンネルの一部になります。必要に応じて次のコマンドでインストールを行ってください。
# yum install lvm2-cluster gfs2-utils

警告

Red Hat High Availability Add-On パッケージのインストール後、必ずソフトウェア更新に関する設定で自動インストールが行われないよう設定してください。実行中のクラスターでインストールが行われると予期しない動作の原因となる場合があります。