5.7. フェンスデバイスが接続されているノードの管理

手作業でのノードの排他処理は次のコマンドで行うことができます。--off を使用すると stonith に対して off API コールが使用されノードは再起動ではなく電源オフになります。
pcs stonith fence node [--off]
ノードがアクティブでない場合でも、そのノードを stonith デバイスがフェンスできない状況では、そのノードのリソースをクラスターが復旧できない可能性があります。この場合は、ノードの電源を手動でオフにしたあと、以下のコマンドを実行して、ノードの電源が切れていて、そのリソースが解放される復旧できる状態であることが確認できます。

警告

指定したノードが実際にオフになっていない状態で、クラスターソフトウェア、または通常クラスターが制御するサービスを実行すると、データ破損またはクラスター障害が発生します。
pcs stonith confirm node