9.3. リソースとしての仮想ドメインの設定

pcs resource create コマンドを使用し、VirtualDomain をリソースタイプとして指定して、libvirt 仮想化フレームワークにより管理される仮想ドメインを設定できます。
仮想ドメインをリソースとして設定する場合、以下を考慮してください。
  • 仮想ドメインは、クラスターリソースとして設定する前に停止している必要があります。
  • 仮想ドメインがクラスターリソースになる場合は、クラスターツールを使用しない限り、起動したり、停止したり、移行したりすることはできません。
  • クラスターリソースとして設定した仮想ドメインを、ホストの起動時に起動するように設定することはできません。
  • すべてのノードは、それぞれの管理される仮想ドメインの必要な設定ファイルおよびストレージデバイスにアクセスできる必要があります。
クラスターが仮想ドメイン自体のサービスを管理するようにする必要がある場合は、仮想ドメインをゲストノードとして設定できます。ゲストノードの設定は、「pacemaker_remote サービス」を参照してください。
仮想ドメインの設定は、『仮想化の導入および管理ガイド』を参照してください。
表9.3「仮想ドメインリソースのリソースオプション」では、VirtualDomain リソースに設定できるリソースオプションを説明しています。

表9.3 仮想ドメインリソースのリソースオプション

フィールドデフォルト説明
config
(必須) この仮想ドメインの libvirt 設定ファイルへの絶対パス。
hypervisor
システムに依存
接続先のハイパーバイザー URI。virsh --quiet uri コマンドを実行してシステムのデフォルト URI を判別できます。
force_stop
0
停止時にドメインを常に強制的にシャットダウン (「破棄」) します。デフォルト動作では、正常なシャットダウンの試行に失敗した後にのみ強制的なシャットダウンを実行します。仮想ドメイン (または仮想化バックエンド) が正常なシャットダウンをサポートしない場合にのみ、これを true に設定する必要があります。
migration_transport
システムに依存
移行中にリモートハイパーバイザーに接続するのに使用されるトランスポート。このパラメーターを省略すると、リソースは libvirt のデフォルトトランスポートを使用してリモートハイパーバイザーに接続します。
migration_network_suffix
専用の移行ネットワークを使用します。移行 URI は、このパラメーターの値をノード名の末尾に追加することにより構成されます。ノード名が完全修飾ドメイン名 (FQDN) の場合は、FQDN の最初のピリオド (.) の直前にサフィックスを挿入します。この構成されたホスト名がローカルに解決可能であり、関連付けられた IP アドレスが優先ネットワークを介して到達可能であることを確認してください。
monitor_scripts
仮想ドメイン内でサービスの監視を追加で実行するには、このパラメーターを監視するスクリプトの一覧と共に追加します。注記: 監視スクリプトが使用される場合、start および migrate_from 操作は、すべての監視スクリプトが正常に完了した場合にのみ完了します。これらの操作のタイムアウトを設定し、この遅延に対応できるようにします。
autoset_utilization_cpu
true
true に設定されると、監視の実行時にエージェントは virsh から domainUvCPU の数を検出し、これをリソースの CPU 利用率に組み込みます。
autoset_utilization_hv_memory
true
true に設定すると、監視の実行時に、エージェントは virsh から Max memor の数を検出し、これをリソースの hv_memory の利用率に組み込みます。
migrateport
ランダムハイポート
このポートは、qemu 移行 URI で使用されます。これを設定しないと、ポートにはランダムハイポートが使用されます。
snapshot
仮想マシンイメージが保存されるスナップショットディレクトリー。このパラメーターが設定されている場合、仮想マシンの RAM 状態は、停止時にスナップショットディレクトリーのファイルに保存されます。起動時に、状態ファイルはドメインに表示し、ドメインは最後に停止された直前の状態と同じ状態に復元されます。このオプションには force_stop オプションとの互換性がありません。
VirtualDomain リソースオプション以外にも、allow-migrate メタデータオプションを、リソースの別のノードへのライブ移行を許可するように設定できます。このオプションが true に設定されている場合、リソースは状態を失うことなく移行されます。このオプションがデフォルトの状態である false に設定されている場合、仮想ドメインは、ノード間で移行される際に最初のノードでシャットダウンし、2 番目のノードで再起動します。
以下の手順を使用して VirtualDomain リソースを作成します。
  1. 仮想マシンを管理するために VirtualDomain リソースエージェントを作成する場合、Pacemaker は仮想マシンの xml 設定ファイルをディスクのファイルにダンプすることを必要とします。たとえば、guest1 という名前の仮想マシンを作成し、ホストにあるファイルに xml をダンプします。好きなファイル名を使用できますが、この例では /etc/pacemaker/guest1.xml を使用します。
    # virsh dumpxml guest1 > /etc/pacemaker/guest1.xml
  2. ゲストノードが実行されている場合はシャットダウンします。そのノードがクラスターで設定されると Pacemaker によって開始されます。
  3. VirtualDoman リソースを pcs resource create コマンドを使用して設定します。たとえば、以下のコマンドは VM という名前のVirtualDomain リソースを設定します。allow-migrate オプションは true に設定されるため、pcs move VM nodeX コマンドはライブ移行として実行されます。
    # pcs resource create VM VirtualDomain config=.../vm.xml \
           migration_transport=ssh meta allow-migrate=true