第2章 pcsd Web UI

本章では、pcsd Web UI を用いた Red Hat High Availability クラスターの設定について説明します。

2.1. pcsd Web UI の設定

pcsd Web UI を使用してクラスターを設定するようシステムを設定するには、以下の手順に従います。
  1. 「Pacemaker 設定ツールのインストール」 の説明に従って Pacemaker 設定ツールをインストールします。
  2. クラスターの一部である各ノードで、passwd コマンドを使用してユーザー hacluster のパスワードを設定します。各ノードに同じパスワードを使用してください。
  3. 各ノードの pcsd デーモンを開始し、有効にします。
    # systemctl start pcsd.service
    # systemctl enable pcsd.service
  4. クラスターの 1 つのノードで、以下のコマンドを使用してクラスターを構成するノードを認証します。このコマンドを実行すると、UsernamePassword を指定するよう要求されます。Username には hacluster を指定してください。
    # pcs cluster auth node1 node2 ... nodeN
  5. いずれかのシステムで、以下の URL をブラウザーで開き、承認したノードの 1 つを指定します (https プロトコルを使用することに注意してください)。指定すると pcsd Web UI のログイン画面が表示されます。
    https://nodename:2224
  6. ユーザー hacluster としてログインします。図2.1「クラスターページの管理」 に記載されている Manage Clusters ページが表示されます。
    クラスターページの管理

    図2.1 クラスターページの管理