2.4. 高可用性 pcsd Web UI の設定

pcsd Web UI を使用するときは、クラスターのノードのいずれかに接続してクラスター管理ページを表示します。接続先のノードが停止しているか利用不能になった場合は、クラスターの別ノードを指定する URL をブラウザーで開くことにより、クラスターに再接続できます。ただし、pcsd Web UI 自体を高可用性向けに設定することもできます。この場合、新しい URL を入力することなく継続してクラスターを管理できます。
pcsd Web UI を高可用性向けに設定するには、以下の手順を実行します。
  1. /etc/sysconfig/pcsd 設定ファイルで PCSD_SSL_CERT_SYNC_ENABLEDtrue に設定されていることを確認します。これは、RHEL 7 でのデフォルト値です。証明書の同期を有効にすると、クラスターセットアップコマンドおよびノード追加コマンド用の pcsd 証明書の同期が、pcsd によって実行されます。
  2. pcsd Web UI への接続に使用するフローティング IP アドレスである IPaddr2 クラスターリソースを作成します。物理ノードに関連付けられている IP アドレスは使用できません。IPaddr2 リソースの NIC デバイスが指定されていない場合は、クラスターノードで使用される、IP アドレスが静的に割り当てられたノードのいずれかと同じネットワークにフローティング IP が存在しないと、フローティング IP アドレスを割り当てる NIC デバイスが適切に検出されません。
  3. pcsd で使用するカスタムの SSL 証明書を作成し、pcsd Web UI への接続に使用されるノードのアドレスに対してそれらが有効であることを確認します。
    1. カスタムの SSL 証明書を作成するには、ワイルドカード証明書を使用するか、Subject Alternative Name 証明書拡張を使用できます。Red Hat 証明書システムに関する詳細は、『Red Hat Certificate System Administration Guide』を参照してください。
    2. pcs pcsd certkey コマンドを使用して、pcsd 用のカスタム証明書をインストールします。
    3. pcs pcsd sync-certificates コマンドを使用して、pcsd 証明書をクラスター内の全ノードと同期させます。
  4. クラスターリソースとして設定したフローティング IP アドレスを使用して、pcsd Web UI に接続します。

注記

pcsd Web UI を高可用性向けに設定している場合でも、接続するノードが停止しているときには再ログインを求められます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。