Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.4. 設定の変更をファイルに保存

pcs コマンドを使用する際、-f オプションを使うとアクティブの CIB に影響を与えずに設定変更をファイルに保存することができます。
クラスターを事前に設定していて、アクティブな CIB が存在する場合は、以下のコマンドを実行して、未編集の xml ファイルを保存します。
pcs cluster cib filename
たとえば、次のコマンドを使用すると、testfile という名前のファイルに、未編集の CIB の xml ファイルが保存されます。
# pcs cluster cib testfile
次のコマンドでは testfile ファイル内にリソースをひとつ作成しています。ただし、そのリソースは現在実行中のクラスター構成には追加されません。
# pcs -f testfile resource create VirtualIP ocf:heartbeat:IPaddr2 ip=192.168.0.120 cidr_netmask=24 op monitor interval=30s
次のコマンドで testfile の現在のコンテンツを CIB にプッシュします。
# pcs cluster cib-push testfile