第6章 クラスターリソースの設定

本章ではクラスター内にリソースを設定する方法について説明していきます。

6.1. リソースの作成

次のコマンドを使用してクラスターリソースを作成します。
pcs resource create resource_id standard:provider:type|type [resource options] 
[op operation_action operation_options [operation_action  operation_options]...]
[meta meta_options...] [--clone clone_options |
--master master_options | --group group_name
[--before  resource_id | --after resource_id]] [--disabled]
--group オプションを指定すると、リソースはその名前のリソースグループへ追加されます。指定のグループが存在しない場合、グループが作成され、グループにリソースが追加されます。リソースグループの詳細は、「リソースグループ」 を参照してください。
--before および --after オプションは、リソースグループにすでに存在するリソースを基準として、追加されたリソースの相対的な位置を指定します。
--disabled オプションを指定すると、リソースが自動的に起動されません。
以下のコマンドを実行すると VirtualIP という名前のリソースが作成され、標準 ocfheartbeat プロバイダー、および IPaddr2 タイプが指定されます。このリソースのフローティングアドレスは 192.168.0.120 で、システムはリソースが 30 秒毎に実行されるかどうかをチェックします。
# pcs resource create VirtualIP ocf:heartbeat:IPaddr2 ip=192.168.0.120 cidr_netmask=24 op monitor interval=30s
standardprovider のフィールドを省略して次のようにすることもできます。標準とプロバイダーはそれぞれ ocfheartbeat にデフォルト設定されます。
# pcs resource create VirtualIP IPaddr2 ip=192.168.0.120 cidr_netmask=24 op monitor interval=30s
設定したリソースを削除する場合は次のコマンドを使用します。
pcs resource delete resource_id
例えば、次のコマンドでは VirtualIP というリソース ID の既存リソースを削除しています。
# pcs resource delete VirtualIP
  • pcs resource create コマンドのフィールド、resource_idstandardprovidertype については 「リソースのプロパティー」 を参照してください。
  • リソースごとにパラメーターを指定する方法については 「リソース固有のパラメーター」 を参照してください。
  • リソースの動作をクラスターが決定する場合に使用するリソースのメタオプションを定義する方法については 「リソースのメタオプション」 を参照してください。
  • リソースで行う動作を定義する方法については 「リソースの動作」 を参照してください。
  • --clone を指定するとクローンリソースが作成されます。--master を指定するとマスター/スレーブリソースが作成されます。リソースのクローンや、複数モードのリソースに関する詳細は、9章高度なリソースタイプ を参照してください。