5.2. フェンスデバイスの一般的なプロパティ

クラスターノードは、フェンスリソースが開始しているかどうかに関わらず、フェンスデバイスでその他のクラスターノードをフェンスできます。以下の例外を除き、リソースが開始しているかどうかは、デバイスの定期的なモニターのみを制御するものとなり、使用可能かどうかは制御しません。
  • フェンスデバイスは、pcs stonith disable stonith_id コマンドを実行して無効にできます。これにより、ノードがそのデバイスを使用できないようにすることができます。
  • 特定のノードがフェンスデバイスを使用できないようにするには、pcs constraint location …​ avoids コマンドで、フェンスリソースの場所制約を設定できます。
  • stonith-enabled=false を設定すると、フェンシングがすべて無効になります。ただし、実稼働環境でフェンシングを無効にすることは適していないため、Red Hat は、フェンシングが無効になっている時のクラスターはサポートしないことに注意してください。
フェンスデバイスに設定できる汎用プロパティについては 表5.1「フェンスデバイスの一般的なプロパティ」 に記載されています。特定のフェンスデバイスに設定できるフェンスプロパティについては 「デバイス固有のフェンスオプションの表示」 を参照してください。

注記

より高度なフェンス設定プロパティについては 「その他のフェンス設定オプション」 を参照してください。

表5.1 フェンスデバイスの一般的なプロパティ

フィールドタイプデフォルト説明
pcmk_host_map文字列 ホスト名に対応していないデバイスのポート番号とホスト名をマッピングします。例えば、node1:1;node2:2,3 なら node1 にはポート 1 を使用し node2 にはポート 2 と 3 を使用するようクラスターに指示します。
pcmk_host_list文字列 このデバイスで制御するマシンの一覧です (オプション、pcmk_host_check=static-list を除く)。
pcmk_host_check文字列dynamic-listデバイスで制御するマシンを指定します。使用できる値: dynamic-list (デバイスに問い合わせ)、static-list (pcmk_host_list 属性をチェック)、なし (すべてのデバイスで全マシンのフェンスが可能とみなされる)