Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

2.2. pcsd Web UI を用いたクラスターの作成

Manage Clusters ページでは新しいクラスターを作成できます。また、既存クラスターを Web UI へ追加したり、クラスターを Web UI から削除したりすることができます。
  • クラスターを作成するには、 Create New をクリックし、作成するクラスターとクラスターを構成するノードの名前を入力します。また、この画面では 「高度なクラスター設定オプション」 に記載されているクラスター通信のトランスポートメカニズムなどの高度なクラスターオプションを設定することもできます。クラスター情報の入力後、Create Cluster をクリックします。
  • 既存のクラスターを Web UI に追加するには、Add Existing をクリックし、Web UI で管理したいクラスターのノードのホスト名または IP アドレスを入力します。
クラスターを作成または追加すると、Manage Cluster ページにクラスター名が表示されます。クラスターを選択すると、クラスターに関する情報が表示されます。
注記
pcsd Web UI を使用してクラスターを設定する場合、多くのオプションを説明するテキストの上にマウスを移動すると、tooltip 表示としてそのオプションの詳細を表示することができます。

2.2.1. 高度なクラスター設定オプション

クラスターの作成時、図2.2「クラスターページの作成」 の説明のように Advanced Options をクリックすると追加のクラスターオプションを設定できます。表示されるオプションのテキスト上にマウスを移動すると、そのオプションの情報を確認できます。
各ノードのインターフェースを指定すると、クラスターに冗長リングプロトコル (Redundant Ring Protocol) を設定できます。クラスターのトランスポートメカニズムのデフォルト値である UDPU の代わりに UDP を選択すると、冗長リングプロトコル (Redundant Ring Protocol) 設定の表示が変更されます。

図2.2 クラスターページの作成

クラスターページの作成

2.2.2. クラスター管理パーミッションの設定

ユーザーに付与できるクラスターパーミッションには、以下の 2 つのセットがあります。
  • Web UI を使用してクラスターを管理するためのパーミッション。ネットワーク経由でノードに接続する pcs コマンドを実行するパーミッションも付与されます。本セクションでは、Web UI でこのパーミッションを設定する方法を説明します。
  • ACL を使用し、クラスター設定への読み取り専用アクセスまたは読み書きアクセスをローカルユーザーに許可するパーミッション。Web UI で ACL を設定する方法は、「ACL の設定」 を参照してください。
ユーザーのパーミッションの詳細は、「ユーザーのパーミッション設定」 を参照してください。
グループ haclient にユーザーを追加することで、ユーザー hacluster 以外の特定のユーザーにパーミッションを付与し、Web UI でクラスターを管理し、ネットワーク経由でノードに接続する pcs コマンドを実行できます。次に、Manage Clusters ページの Permissions タブをクリックし、表示された画面でパーミッションを設定することで、グループ haclient の個別のメンバーにパーミッションセットを設定できます。この画面では、グループのパーミッションを設定することもできます。
以下のパーミッションを付与できます。
  • 読み取りパーミッション (クラスター設定の表示)
  • 書き込みパーミッション (パーミッションおよび ACL を除くクラスター設定の変更)
  • 付与パーミッション (クラスターパーミッションおよび ACL の変更)
  • フルパーミッション (ノードの追加や削除などのクラスターへの無制限アクセス、およびキーや証明書へのアクセス)

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。