9.7. Pacemaker で管理されていないリソースの依存関係の起動順の設定 (Red Hat Enterprise Linux 7.4 以降)

クラスターは、そのクラスターで管理されていない依存関係を持つリソースを含めることができます。この場合、これらの依存関係が、Pacemaker が起動する前に起動し、Pacemaker が停止した後に停止されるようにする必要があります。
Red Hat Enterprise Linux 7.4 では、この状況を明らかにするには、systemd resource-agents-deps ターゲットで、スタートアップ順を設定します。このターゲットの systemd ドロップインユニットを作成することができます。Pacemaker は、このターゲットに対して適切に順序を決めます。
たとえば、クラスターに、そのクラスターが管理しない外部サービス foo に依存するリソースが含まれる場合は、以下を含むドロップインユニット /etc/systemd/system/resource-agents-deps.target.d/foo.conf を作成できます。
[Unit]
Requires=foo.service
After=foo.service
ドロップインユニットを作成した後に、systemctl daemon-reload コマンドを実行します。
このように指定したクラスターの依存関係は、サービス以外でも構いません。例えば、/srv にファイルをマウントする依存関係も考えられます。この場合、systemd ドキュメンテーションに従って、systemd ファイル srv.mount を作成して、ここで説明しているように .conf ファイルの srv.mount foo.service の代わりにドロップインユニットを作成します。