Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

9.2. 多状態のリソース: 複数モードのリソース

多状態リソースはクローンリソースの特殊化です。昇格可能なクローンリソースにより、インスタンスの操作モードは、Master および Slave のいずれかにできます。モードの名前には特別な意味はありませんが、インスタンスの起動時に、Slave 状態で起動する必要があるという制限があります。
以下のコマンドを実行すると、リソースをマスター/スレーブクローンとして作成できます。
pcs resource create resource_id standard:provider:type|type [resource options] master [master_options]
マスター/スレーブクローンの名前は resource_id-master になります。
注記
Red Hat Enterprise Linux のリリース 7.3 以前では、マスター/スレーブのクローンの作成は以下の形式で行ってください。
pcs resource create resource_id standard:provider:type|type [resource options] --master [meta master_options]
また、作成済みのリソースまたはリソースグループからマスター/スレーブリソースを作成することもできます。このコマンドを使用する場合はマスター/スレーブクローンの名前を指定することができます。名前を指定しない場合は resource_id-master または group_name-master になります。
pcs resource master master/slave_name resource_id|group_name [master_options]
リソースオプションの詳細は、「リソースの作成」 を参照してください。
表9.2「多状態リソースのプロパティー」 には、multistate リソースに指定できるオプションを示します。

表9.2 多状態リソースのプロパティー

フィールド説明
id
多状態リソースに付ける名前
prioritytarget-roleis-managed
表6.3「リソースのメタオプション」 を参照してください。
clone-maxclone-node-maxnotifyglobally-uniqueorderedinterleave
master-max
master ステータスにプロモートできるリソースのコピー数。デフォルト値は 1 です。
master-node-max
master ステータスにプロモートできるリソースのコピー数。デフォルト値は 1 です。

9.2.1. 多状態リソースの監視

マスターリソースのみに監視操作を追加するには、リソースに別の監視操作を追加します。同じリソース上では各監視操作の間隔が異なるようにする必要があります。
以下の例は、ms_resource のマスターリソースに 11 秒間隔の監視操作を設定します。この監視操作は、10 秒間隔で行われるデフォルトの監視操作とは別に追加されます。
# pcs resource op add ms_resource interval=11s role=Master