12.3. クラスタープロパティ設定のクエリー

ほとんどの場合、各種のクラスターコンポーネントの値を表示するため pcs コマンドを使用する際、pcs list または pcs show を交互に使用することができます。次の例では pcs list は複数プロパティのすべての設定の全一覧表示に使用する形式になります。一方、pcs show は特定のプロパティの値を表示する場合に使用する形式になります。
クラスターに設定されたプロパティ設定の値を表示する場合は次の pcs コマンドを使用します。
pcs property list
明示的には設定されていなかったプロパティ設定のデフォルト値も含め、クラスターのプロパティ設定のすべての値を表示する場合は次のコマンドを使用します。
pcs property list --all
特定のクラスタープロパティの現在の値を表示する場合は次のコマンドを使用します。
pcs property show property
例えば、cluster-infrastructure プロパティの現在の値を表示する場合は次のコマンドを実行します。
# pcs property show cluster-infrastructure
Cluster Properties:
 cluster-infrastructure: cman
情報としてプロパティの全デフォルト値の一覧を表示させ、その値がデフォルト以外で設定されているかどうかを確認することができます。次のコマンドを使用します。
pcs property [list|show] --defaults