1.4. クラスターと Pacemaker の設定ファイル

Red Hat High Availability Add-On の設定ファイルは、corosync.conf および cib.xml です。
corosync.conf は、Pacemaker が構築されているクラスターマネージャーの corosync によって使用されるクラスターパラメーターを与えます。一般的に、corosync.conf は直接編集せずに、pcs または pcsd インターフェイスを使用してください。ただし、このファイルを直接編集する必要のある状況も考えられます。corosync.conf ファイルの編集は、Editing the corosync.conf file in Red Hat Enterprise Linux 7を参照してください。
cib.xml ファイルは、クラスターの設定、およびクラスターの全リソースの現在の状態を表す XML ファイルです。このファイルは Pacemaker のクラスター情報ベース (CIB) により使用されます。CIB の内容は、自動的にクラスター全体に同期されます。cib.xml ファイルは直接編集せず、代わりに pcs または pcsd インターフェースを使用してください。