7.4. 制約の表示

設定した制約を表示させるコマンドがいくつかあります。
次のコマンドは現在の場所、順序、ロケーションの制約を表示します。
pcs constraint list|show
次のコマンドは現在の場所の制約を表示します。
  • resources を指定すると場所制約がリソースごとに表示されます。デフォルトの動作です。
  • nodes を指定すると場所制約がノードごとに表示されます。
  • 特定のリソースまたはノードを指定するとそのリソースまたはノードの情報のみが表示されます。
pcs constraint location [show resources|nodes [specific nodes|resources]] [--full]
次のコマンドは現在の全順序制約を表示します。--full オプションを指定すると制約の内部 ID を表示します。
pcs constraint order show [--full]
次のコマンドは現在の全コロケーション制約を表示します。--full オプションを指定すると制約の内部 ID を表示します。
pcs constraint colocation show [--full]
次のコマンドは特定リソースを参照する制約を表示します。
pcs constraint ref resource ...