Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Linux

8.3. 接続状態変更によるリソースの移動

以下の 2 つのステップにしたがって、外部の接続が失われた場合にリソースが移動するようクラスターを設定します。
  1. ping リソースをクラスターに追加します。ping リソースは同じ名前のシステムユーティリティーを使用して、マシン (DNS ホスト名または IPv4/IPv6 アドレスによって指定される) にアクセス可能であるかをテストし、その結果を使用して pingd と呼ばれるノード属性を維持します。
  2. 接続が失われたときに別のノードにリソースを移動させるためのリソース場所制約を設定します。
表6.1「リソースのプロパティー」 では ping リソースに設定できるプロパティを示します。

表8.1 ping リソースのプロパティ

フィールド説明
dampen
The time to wait (dampening) for further changes to occur. This prevents a resource from bouncing around the cluster when cluster nodes notice the loss of connectivity at slightly different times.
multiplier
The number of connected ping nodes gets multiplied by this value to get a score. Useful when there are multiple ping nodes configured.
host_list
The machines to contact in order to determine the current connectivity status. Allowed values include resolvable DNS host names, IPv4 and IPv6 addresses. The entries in the host list are space separated.
次のコマンド例は、gateway.example.com への接続を検証する ping リソースを作成します。実際には、ネットワークゲートウェイやルーターへの接続を検証します。リソースがすべてのクラスターノードで実行されるよう、ping リソースをクローンとして設定します。
# pcs resource create ping ocf:pacemaker:ping dampen=5s multiplier=1000 host_list=gateway.example.com --clone
以下の例は、Webserver という既存のリソースの場所制約ルールを設定します。これにより、Webserver リソースが現在実行されているホストが www.example.com へ ping できない場合に、 Webserver リソースを www.example.com へ ping できるホストに移動します。
# pcs constraint location Webserver rule score=-INFINITY pingd lt 1 or not_defined pingd