10.2. クォーラム管理コマンド (Red Hat Enterprise Linux 7.3 以降)

クラスターの稼働後、以下のクラスタークォーラムコマンドを実行できます。
次のコマンドはクォーラムの設定を表示します。
pcs quorum [config]
以下のコマンドはクォーラムのランタイム状態を表示します。
pcs quorum status
長時間クラスターからノードを除去したためクォーラムの損失が発生した場合、pcs quorum expected-votes コマンドを使用するとライブクラスターの expected_votes パラメーターの値を変更できます。これにより、クラスターはクォーラムがなくても操作を継続できます。

警告

ライブクラスターで期待される票数 (vote) を変更する場合は、細心の注意を払って行ってください。期待される票数を手作業で変更したことにより実行されているクラスターが 50% 未満となる場合、クラスターの他のノードを別々に起動でき、クラスターサービスを開始できるため、データの破損や予期せぬ結果が発生することがあります。この値を変更する場合、 wait_for_all パラメーターが有効になっていることを確認してください。
以下のコマンドは、ライブクラスターの期待される票数を指定の値に設定します。これはライブクラスターのみに影響し、設定ファイルは変更されません。リロードが発生した場合、expected_votes の値は設定ファイルの値にリセットされます。
pcs quorum expected-votes votes