Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

10.2. クォーラム管理コマンド (Red Hat Enterprise Linux 7.3 以降)

クラスターの稼働後、以下のクラスタークォーラムコマンドを実行できます。
次のコマンドは、クォーラムの設定を表示します。
pcs quorum [config]
次のコマンドは、クォーラムのランタイム状態を表示します。
pcs quorum status
長時間クラスターからノードを除去したためクォーラムの損失が発生した場合、pcs quorum expected-votes コマンドを使用するとライブクラスターの expected_votes パラメーターの値を変更できます。これにより、クォーラムがない場合でも、クラスターは操作を継続できます。
警告
ライブクラスターで期待される票数 (vote) を変更する場合は、細心の注意を払って行ってください。期待される票数を手動で変更したために、実行しているクラスターが 50% 未満となる場合は、クラスターの他のノードを個別に起動してクラスターサービスを開始できるため、データの破損や予期せぬ結果が発生することがあります。この値を変更する場合は、wait_for_all パラメーターが有効になっていることを確認してください。
次のコマンドは、ライブクラスターで期待される票数を、指定の値に設定します。これはライブクラスターにのみ影響し、設定ファイルは変更されません。リロードが行われると、expected_votes の値は、設定ファイルの値にリセットされます。
pcs quorum expected-votes votes

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。