4.3. 冗長リングプロトコル (RRP) の設定

pcs cluster setup コマンドを使用してクラスターを作成する場合、各ノードの両方のインターフェースを指定すると冗長リングプロトコル (RRP) を用いてクラスターを設定できます。デフォルトの udpu トランスポートを使用する場合にクラスターノードを指定するには、リング 0 アドレス、「,」、リング 1 アドレスの順に指定します。
たとえば、以下のコマンドはノード A とノード B の 2 つのノードを持つ my_rrp_clusterM というクラスターを設定します。ノード A には nodeA-0nodeA-1 の 2 つのインターフェースがあります。ノード B には nodeB-0nodeB-1 の 2 つのインターフェースがあります。RRP を使用してこれらのノードをクラスターとして設定するには、以下のコマンドを実行します。
# pcs cluster setup --name my_rrp_cluster nodeA-0,nodeA-1 nodeB-0,nodeB-1 
udp トランスポートを使用するクラスターに RRP を設定する場合の詳細は、pcs cluster setup コマンドのヘルプスクリーンを参照してください。