第1章 Red Hat High Availability Add-On の設定と管理のリファレンス概要

本章では、Pacemaker を使用する Red Hat High Availability Add-On がサポートするオプションと機能について説明します。ステップごとの基本設定の例は『Red Hat High Availability Add-On の管理』を参照してください。
Red Hat High Availability Add-On クラスターを設定するには、pcs 設定インターフェースまたは pcsd GUI インターフェースを使用します。

1.1. 新機能と変更点

本セクションでは、Red Hat Enterprise Linux 7 の初回リリース以降に追加された Red Hat High Availability Add-On の新機能を取り上げます。

1.1.1. Red Hat Enterprise Linux 7.1 の新機能および変更された機能

Red Hat Enterprise Linux 7.1 には、ドキュメントや機能を対象とする以下の更新および変更が含まれています。
  • 「クラスターリソースのクリーンアップ」 に記載されているように、pcs resource cleanup コマンドがすべてのリソースのリソース状態と failcount をリセットするようになりました。
  • 「リソースを手作業で移動する」 に記載されているように、pcs resource move コマンドの lifetime パラメーターを指定できるようになりました。
  • Red Hat Enterprise Linux 7.1 以降では pcs acl コマンドを使用してローカルユーザーのパーミッションを設定し、アクセス制御リスト (ACL) を使用してクラスター設定への読み取り専用または読み書きアクセスを許可できるようになりました。ACL の詳細は 「ユーザーのパーミッション設定」 を参照してください。
  • 「順序付けされたリソースセット」 および 「リソースのコロケーション」 が大幅に更新および明確化されました。
  • 「リソースの作成」 に、pcs resource create コマンドの disabled パラメーターに関する内容が追加され、作成されたリソースは自動的に起動しないことが明記されました。
  • 「クォーラムオプションの設定」 に、クォーラムの確立時にクラスターがすべてのノードを待たないようにする cluster quorum unblock 機能の説明が追加されました。
  • 「リソースの作成」 に、リソースグループの順序付けを設定するために使用できる pcs resource create コマンドの before および after パラメーターの説明が追加されました。
  • Red Hat Enterprise Linux 7.1 リリース以降ではクラスター設定を tarball にバックアップし、pcs config コマンドで backup および restore オプションを使用してバックアップからすべてのノードのクラスター設定ファイルを復元できるようになりました。この機能の詳細は 「クラスター設定のバックアップおよび復元」 を参照してください。
  • 内容を明確にするため本書全体に小変更が加えられました。

1.1.2. Red Hat Enterprise Linux 7.2 の新機能および変更された機能

Red Hat Enterprise Linux 7.2 ではドキュメントと機能が以下のように更新/変更されています。
  • pcs resource relocate run コマンドを使用して、現在のクラスター状態、制約、リソースの場所、およびその他の設定によって決定される優先ノードにリソースを移動できるようになりました。このコマンドの詳細は、「リソースの優先ノードへの移動」 を参照してください。
  • 外部プログラムを実行してクラスター通知の処理を判断するために ClusterMon を設定する方法をより明確に説明するため、「モニタリングのリソースを使ったイベント通知」 が変更および拡大されました。
  • 冗長な電源供給用のフェンスを設定する場合に各デバイスを 1 度のみ設定する必要があり、ノードのフェンシングには両方のデバイスが必要になることを指定する必要があります。冗長な電源供給にフェンスを設定する方法の詳細は、「冗長電源のフェンシング設定」 を参照してください。
  • 本ドキュメントの 「クラスターノードの追加」 に、ノードを既存のクラスターに追加する手順が追加されました。
  • 表7.1「場所の制約オプション」 の説明にあるように、新しい resource-discovery の場所の制約オプションにより、Pacemaker が指定されたリソースのノード上でリソースの検索を実行すべきかどうかを指定できるようになりました。
  • ドキュメント全体にわたり、記載内容の明確化を図り、若干の修正を加えました。

1.1.3. Red Hat Enterprise Linux 7.3 の新機能および変更された機能

Red Hat Enterprise Linux 7.3 ではドキュメントと機能が以下のように更新、変更されています。
  • 本バージョンでは、「pacemaker_remote サービス」 全体が書き直されました。
  • アラートエージェントを使用して Pacemaker アラートを設定できます。アラートエージェントは、リソース設定と操作を処理するためにクラスター呼び出しのリソースエージェントと同様にクラスターが呼び出す外部プログラムです。Pacemaker アラートエージェントの説明は 「Pacemaker アラートエージェント (Red Hat Enterprise Linux 7.3 以降)」 を参照してください。
  • 本リリースでは新しいクォーラム管理コマンドがサポートされ、クォーラムの状態を表示し、expected_votes パラメーターを変更することができます。これらのコマンドの説明は 「クォーラム管理コマンド (Red Hat Enterprise Linux 7.3 以降)」 を参照してください。
  • 「クォーラムオプションの変更 (Red Hat Enterprise Linux 7.3 以降)」 に記載されているように、 pcs quorum update コマンドを使用して一般的なクォーラムオプションを変更できるようになりました。
  • クラスターのサードパーティー判別デバイスとして動作する個別のクォーラムデバイスを設定できます。この機能は主に、標準のクォーラムルールが許可するよりも多くのノード障害をクラスターで維持できるようにするために使用されます。この機能はテクニカルリビューとしてのみ提供されます。クォーラムデバイスの説明は 「クォーラムデバイス (テクノロジープレビュー)」 を参照してください。
  • Red Hat Enterprise Linux 7.3 には、Booth クラスターチケットマネージャーを使用して複数のサイトにまたがる高可用性クラスターを設定する機能が提供されます。 この機能はテクニカルプレビューとしてのみ提供されます。Booth クラスターチケットマネージャーの説明は 14章Pacemaker を用いたマルチサイトクラスターの設定 (テクニカルプレビュー) を参照してください。
  • pacemaker_remote サービスを実行している KVM ゲストノードを設定する場合、グループにゲストノードを含めることができます。これにより、ストレージデバイス、ファイルシステムおよび VM をグループ化できます。KVM ゲストノードの設定に関する詳細は 「設定の概要: KVM ゲストノード」 を参照してください。
さらに、ドキュメント全体にわたり記載内容の明確化を図り、若干の修正を加えました。