第4章 クラスターの作成と管理

本章ではクラスターの作成、クラスターコンポーネントの管理、クラスターの状態表示など Pacemaker で行うクラスターの基本的な管理について見ていきます。

4.1. クラスターの作成

クラスターを作成するため次のステップを行って行きます。
  1. クラスターの各ノードで pcsd を開始します。
  2. クラスターを構成するノードを認証します。
  3. クラスターノードの設定と同期を行います。
  4. クラスターノードでクラスターサービスを起動します。
次のセクションでは、上記の手順で使用するコマンドについて詳しく見ていきます。

4.1.1. pcsd デーモンの開始

以下のコマンドは pcsd サービスを開始し、システムの起動時に pcsd を有効にします。これらのコマンドはクラスターの各ノードで実行する必要があります。
# systemctl start pcsd.service
# systemctl enable pcsd.service

4.1.2. クラスターノードの認証

次のコマンドではクラスター内のノード上にある pcs デーモンに対して pcs の認証を行います。
  • すべてのノードで pcs 管理者のユーザー名を hacluster にする必要があります。ユーザー hacluster のパスワードも各ノードで同じパスワードを使用することが推奨されます。
  • usernamepassword を指定しないと、コマンドの実行時にノードごとにこれらのパラメーターを入力するよう要求されます。
  • ノードを指定しないと、前回実行した pcs cluster setup コマンドで指定されているノードの pcs を認証することになります。
pcs cluster auth [node] [...] [-u username] [-p password]
たとえば、以下のコマンドは z1.example.comz2.example.com の両方で構成されるクラスターのノード両方に対して z1.example.com のユーザー hacluster を認証します。このコマンドは、クラスターノードのユーザー hacluster に対するパスワードを要求します。
root@z1 ~]# pcs cluster auth z1.example.com z2.example.com
Username: hacluster
Password:
z1.example.com: Authorized
z2.example.com: Authorized
認証トークンが ~/.pcs/tokens (または /var/lib/pcsd/tokens) ファイルに格納されます。

4.1.3. クラスターノードの設定と起動

次のコマンドでクラスター設定ファイルの構成、指定ノードに対する設定の同期を行います。
  • --start オプションを使用すると指定ノードでクラスターサービスが起動されます。必要に応じて、別途 pcs cluster start コマンドを使ってクラスターサービスを起動させることもできます。
    pcs cluster setup --start コマンドでクラスターを作成する場合、または pcs cluster start コマンドでクラスターサービスを開始する場合、クラスターが稼働するまでに若干の遅延が発生することがあります。クラスターおよび設定の作業を続行する前に、pcs cluster status コマンドを使用してクラスターが稼働していることを確認することが推奨されます。
  • --local オプションを使用するとローカルノードでのみ変更を実行します。
pcs cluster setup [--start] [--local] --name cluster_ name node1 [node2] [...]
次のコマンドは指定ノード (複数指定可) でクラスターサービスを起動します。
  • --all オプションを使用すると全ノードでクラスターサービスを起動します。
  • ノードを指定しないとクラスターサービスはローカルのノードでしか起動されません。
pcs cluster start [--all] [node] [...]