Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第12章 Pacemaker クラスターのプロパティ

クラスターのプロパティーは、クラスター動作中に発生する可能性がある状況に直面した場合に、クラスターの動作を制御します。

12.1. クラスタープロパティとオプションの要約

表12.1「クラスターのプロパティー」には、Pacemaker クラスターのプロパティーのデフォルト値や、設定可能な値などをまとめています。
注記
この表に記載しているプロパティー以外にも、クラスターソフトウェアで公開されるクラスタープロパティーがあります。このようなプロパティーでは、デフォルト値を別の値には変更しないことが推奨されます。

表12.1 クラスターのプロパティー

オプションデフォルト説明
batch-limit0
クラスターを並列に実行できるリソースアクションの数。「正しい」値は、ネットワークおよびクラスタノードの速度と負荷によって異なります。
migration-limit-1 (無制限)
クラスターが、ノードで並行に実行することが許可されている移行ジョブの数。
no-quorum-policystop
クラスターにクォーラムがない場合のアクション。使用できる値は以下のようになります。
* ignore - 全リソースの管理を続行する
* freeze - リソース管理は継続するが、影響を受けるパーティションに含まれないノードのリソースは復帰させない
* stop - 影響を受けるクラスターパーティション内の全リソースを停止する
* suicide - 影響を受けるクラスターパーティション内の全ノードをフェンスする
symmetric-clustertrue
リソースを、デフォルトで任意のノードで実行できるかどうかを示します。
stonith-enabledtrue
障害が発生したノードと、停止できないリソースが含まれるノードをフェンスする必要があることを示します。データを保護するには、true に設定する必要があります。
true または未設定の場合は、STONITH リソースが設定されていない限り、クラスターによりリソースの起動が拒否されます。
stonith-actionreboot
STONITH デバイスに送るアクション。使用できる値は rebootoff です。poweroff 値も使用できますが、レガシーデバイスでのみ使用されます。
cluster-delay60s
(アクションの実行を除く) ネットワーク上のラウンドトリップ遅延です。「正しい」値は、ネットワークおよびクラスタノードの速度と負荷によって異なります。
stop-orphan-resourcestrue
削除されたリソースを停止すべきかどうかを示します。
stop-orphan-actionstrue
削除されたアクションをキャンセルするかどうかを示します。
start-failure-is-fataltrue
特定のノードでリソースの起動に失敗した場合に、そのノードで開始試行を行わないようにするかを示します。false に設定すると、リソースの現在の失敗数と移行しきい値を基にしてクラスターが同じノードの開始を再試行するかどうかを決定。リソースの migration-threshold オプションの設定は 「障害発生によるリソースの移動」 を参照。
start-failure-is-fatalfalse に設定すると、リソースを起動できない障害があるノードが、すべての依存アクションを遅らせる可能性があるというリスクが発生します。これにより、start-failure-is-fatal のデフォルトは true となっています。start-failure-is-fatal=false を設定するリスクは、移行しきい値を低く設定することで軽減できます。これにより、何度も失敗してもその他のアクションを続行できます。
pe-error-series-max-1 (すべて)
「ERROR」となる PE 入力を保存する数。問題を報告する場合に使用されます。
pe-warn-series-max-1 (すべて)
「WARNING」となる PE 入力を保存する数。問題を報告する場合に使用されます。
pe-input-series-max-1 (すべて)
「normal」となる PE 入力を保存する数。問題を報告する場合に使用されます。
cluster-infrastructure 
Pacemaker が現在実行しているメッセージングスタック。情報提供および診断目的に使用されます。ユーザーは設定できません。
dc-version 
クラスターの DC (Designated Controller) で Pacemaker のバージョン。診断目的に使用され、ユーザーは設定できません。
last-lrm-refresh 
epoca 以降の秒単位で指定されたローカルリソースマネージャーの最終更新です。診断目的に使用され、ユーザーは設定できません。
cluster-recheck-interval15 分
時間ベースでオプション、リソースパラメーター、および制約を変更するポーリング間隔。使用できる値は、ポーリングを無効にする 0 (ゼロ) と、秒単位で間隔を示す正の値です (5min など、他の SI 単位が指定されていない場合に限ります)。この値は確認が行われる間隔に対する最大時間であることに注意してください。クラスターイベントが、この値で指定された時間よりも早く発生した場合は、確認が行われるタイミングが早くなります。
maintenance-modefalse
メンテナンスモードでは、クラスターが「干渉されない」モードになり、指示されない限り、サービスを起動したり、停止したりしません。メンテナンスモードが完了すると、クラスターは、サービスの現在の状態のサニティーチェックを実行してから、これを必要とするサービスを停止するか、または開始します。
shutdown-escalation20min
正常にシャットダウンして終了を試みるのをやめる時間。高度な使用のみ。
stonith-timeout60s
STONITH アクションが完了するのを待つ時間。
stop-all-resourcesfalse
クラスターがすべてのリソースを停止します。
enable-aclfalse
(Red Hat Enterprise Linux 7.1 以降) pcs acl コマンドで設定したように、クラスターがアクセス制御リストを使用できるかどうかを示します。
placement-strategydefault
クラスターノードでリソースの配置を決定する際に、クラスターが使用率属性を考慮にいれるかどうかと、どのように考慮するかを示します。使用率属性および配置ストラテジーの詳細は、「使用と配置ストラテジー」 を参照してください。
fence-reactionstop
(Red Hat Enterprise Linux 7.8 以降) 独自のフェンシングの通知を受信した場合は、クラスターノードがどのように反応するかを決定します。クラスターノードは、フェンシングの設定が間違っている場合に独自のフェンシングの通知を受信するか、またはファブリックフェンシングがクラスター通信を遮断しない状態である可能性があります。許可される値は、Pacemaker をすぐに停止し、停止したままにする stop と、ローカルノードを直ちに再起動して失敗した場合に停止する panic です。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。