Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

4.2. クラスターのタイムアウト値の設定

pcs cluster setup コマンドを使用してクラスターを作成する場合、クラスターのタイムアウト値はほとんどのクラスター設定に適するデフォルト値に設定されます。ただし、システムで異なるタイムアウト値が必要な場合は、以下に説明している pcs cluster 設定オプションを使用してこれらの値を変更できます。 表4.1「タイムアウトオプション」

表4.1 タイムアウトオプション

オプション説明
--token timeout トークンを受信しなかった後にトークンの損失が宣言されるまでの時間をミリ秒単位で設定します (デフォルトは 1000 ms です)。
--join timeout join メッセージの待ち時間をミリ秒単位で設定します (デフォルトは 50 ms です)。
--consensus timeout 新しいメンバーシップの設定を開始する前に合意が得られるまでの待ち時間をミリ秒単位で設定します (デフォルトは 1200 ms です)。
--miss_count_const count 再送信が行われる前に、トークンの受信時に再送信のメッセージがチェックされる最大回数を設定します。デフォルトは 5 (5 つのメッセージ) です。
--fail_recv_const failures 新しい設定の構成前に、受信しなければならないメッセージが発生する可能性がある場合、メッセージを受信せずにトークンをローテーションする回数を指定します (デフォルトの失敗数は 2500 です)。
たとえば、以下のコマンドは new_cluster というクラスターを作成し、トークンのタイムアウト値を 10000 ミリ秒 (10 秒)、join タイムアウト値を 100 ミリ秒に設定します。
# pcs cluster setup --name new_cluster nodeA nodeB --token 10000 --join 100