30.9. ゲストディスクイメージ上のデータにアクセス

二つの個別のアプリケーションを使用して、ゲストディスクイメージ内からデータへのアクセスの手助けにできます。これらのツールを使用する前に、先ずゲストをシャットダウンする必要があります。ゲストと dom0 からシステムファイルにアクセスすることはシステム破損の可能性を持ちます。
kpartx アプリケーションを使用して、パーティション化したディスクや LVM ボリュームグループを処理することができます:
yum install kpartx
kpartx -av /dev/xen/guest1
add map guest1p1 : 0 208782 linear /dev/xen/guest1 63
add map guest1p2: 0 16563015 linear /dev/xen/guest1 208845
二番目のパーティションの LVM ボリュームにアクセスするには、vgscan を使用してLVM を再スキャンし、vgchange -ay コマンドを使用して そのパーティションのボリュームグループ(デフォルトで VolGroup00) を アクティベートする必要があります:
# kpartx -a /dev/xen/guest1
#vgscan
Reading all physical volumes . This may take a while...
Found volume group "VolGroup00" using metadata type lvm2
# vgchange -ay VolGroup00
2 logical volumes in volume group VolGroup00 now active.
# lvs
LV VG Attr Lsize Origin Snap% Move Log Copy%
LogVol00 VolGroup00 -wi-a- 5.06G
LogVol01 VolGroup00 -wi-a- 800.00M
# mount /dev/VolGroup00/LogVol00 /mnt/
....
#umount /mnt/
#vgchange -an VolGroup00
#kpartx -d /dev/xen/guest1
終了したら、論理ボリュームを vgchange -an で活動停止すること、 kpartx-d でパーティションを削除すること、及び losetup -d でループデバイスを削除することを忘れないで下さい。