Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第10章 サーバーの最善使用法

以下のタスクとヒントは、ご使用の Red Hat Enterprise Linux 5 サーバーホスト (dom0) の信頼性の確立と保持を手助けします。
  • SELinux を強制モードで実行します。これは以下のコマンドを実行して達成できます。
    # setenforce 1
    
  • AutoFS, NFS, FTP, HTTP, NIS, telnetd, sendmail などのような不要なサービスを削除、又は 無効にします。
  • サーバー上でプラットフォーム管理に必要となる最低限のユーザーアカウントだけを追加し、 不要なユーザーアカウントは削除します。
  • 使用中のホストでは必要でないアプリケーションの実行は避けて下さい。ホスト上で アプリケーションを実行すると、仮想マシンのパフォーマンスに影響を与えて、サーバーの 安定性にも影響します。サーバーをクラッシュする可能性のあるアプリケーションはいずれも サーバー上の全ての仮想マシンが落ちる原因にもなります。
  • 仮想マシンのインストールとイメージには中心となる場所を使います。仮想マシンの イメージは /var/lib/libvirt/images/ の下に格納すべきです。 仮想マシンのイメージ用に異なるディレクトリを使用している場合は、そのディレクトリを 確実に SELinux ポリシーに追加して、インストールを開始する前にそれを再ラベルします。
  • インストールのソース、ツリー、及びイメージは中心的な場所に保存されるべき です。それは通常、ご使用の vsftpd サーバーの場所になります。