14.5.2. 仮想ストレージデバイス

以下の手順を実行して、ゲスト用の追加の仮想ストレージデバイスを 設定します。
/etc/xen/YourGuestNameYourGuestName を 使用するゲスト名で入れ替えることで、ゲストの設定ファイルを編集します。オリジナルのエントリは 以下に似ているでしょう。
disk = [ "file:/var/lib/libvirt/images/rhel5_64_fv.dsk,hda,w"]
ここで、新規の物理デバイス、LUN、パーティション、又はボリューム用の追加のエントリを 設定ファイル内の “disk=” パラメータに加えます。para-virtualized ドライバーを使用するストレージエントリは以下のエントリに似ています。“tap:aio” パラメータは hypervisor に対して para-virtualized ドライバーを使用するように指示します。
disk = [ "file:/var/lib/libvirt/images/rhel5_64_fv.dsk,hda,w",
    "tap:aio:/var/lib/libvirt/images/UserStorage1.dsk,xvda,w" ]
他のエントリを追加したい場合は、それらをコンマ分離の一覧として、“disk=” セクションに追加します。

注記

xvd デバイス用の文字を進展する必要があります。これは、 2つめのストレージエンティティの為には、xvdaではなく、 xvdb となります。
disk = [ "file:/var/lib/libvirt/images/rhel5_64_fv.dsk,hda,w",
    "tap:aio:/var/lib/libvirt/images/UserStorage1.dsk,xvda,w",
    "tap:aio:/var/lib/libvirt/images/UserStorage2.dsk,xvdb,w" ]
パーティションが作成されて利用可能であることを確認します。
# cat /proc/partitions
major minor  #blocks    name
   3     0   10485760   hda
   3     1     104391   hda1
   3     2   10377990   hda2
 202     0      64000   xvda
 202     1      64000   xvdb
 253     0    8257536   dm-0
 253     1    2031616   dm-1
上記の出力では、パーティション、又はデバイス、“xvdb” はシステムに利用可能です。
新規のデバイスとディスクをローカルマウントポイントにマウントして、 ゲストの内の /etc/fstab を更新することにより、 ブート時にデバイスとパーティションがマウントされます。
# mkdir /mnt/pvdisk_xvda
# mkdir /mnt/pvdisk_xvdb
# mount /dev/xvda /mnt/pvdisk_xvda
# mount /dev/xvdb /mnt/pvdisk_xvdb
# df /mnt
Filesystem           1K-blocks      Used   Available Use%  Mounted on
/dev/xvda                64000        15       63985   1%  /mnt/pvdisk_xvda
/dev/xvdb                64000        15       63985   1%  /mnt/pvdisk_xvdb