Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第23章 仮想マシンマネージャ(virt-manager) でゲストを管理する

このセクションでは、仮想マシンマネージャ (virt-manager) ウィンドウ、ダイアログボックス、各種 GUI 制御などを説明しています。
virt-manager はユーザーのシステム上とリモートマシン上の hypervisor とゲストのグラフィカル表示を提供します。para-virtualized と完全仮想化の両方の ゲストを定義するのにも virt-manager を使用できます。そして virt-manager は以下を含む、仮想化管理のタスクも演じることができます:
  • メモリーの割り当て、
  • 仮想 CPU の割り当て、
  • 動作パフォーマンスの監視、
  • 仮想化ゲストの保存と復元、休止と復帰、及びシャットダウンと開始、
  • テキストとグラフィカルのコンソールへのリンク、
  • ライブとオフラインの移行。

23.1. 開放接続のウィンドウ

ウィンドウがまず表示されてユーザーに対して hypervisor セッションを選択するように催促します。 特権の無いユーザーは読み込み専用のセッションを開始できます。Root ユーザーは完全な 読み込み/書き込みステータスでセッションを開始できます。通常の使用には、ローカル Xen ホスト オプションか、QEMU (KVM 用) を選択して下さい。
仮想マシンマネージャの接続ウィンドウ

図23.1 仮想マシンマネージャの接続ウィンドウ