第6章 仮想化ゲストインストールの概要

仮想化パッケージをホストシステム上にインストールした後は、ゲスト オペレーティングシステムの作成が可能になります。この章では、仮想マシン上に ゲストオペレーティングシステムをインストールする為の手順を説明します。 ゲストを作成するには、virt-manager 内の 新規ボタンをクリックするか、又はコマンドライン インターフェイス virt-install を使用します。 これらの両方の方法はこの章で説明されています。
インストール案内の詳細は、Red Hat Enterprise Linux の各バージョン用、他の Linux ディストリビューション用、Solaris 用、そして Windows 用に取得できます。それぞれの 手順については 7章ゲストオペレーティングシステムのインストール手順 を参照して下さい。

6.1. virt-install を使用してゲストを作成

コマンドラインから virt-install コマンドを使用して、 仮想化ゲストを作成することができます。virt-install は 対話式か、あるいはスクリプトによる自動化で仮想マシンを作成することが できます。キックスタートファイルで virt-install を使用すると 仮想化マシンの無人インストールが可能になります。
virt-install ツールは、コマンドラインで渡すことのできる 多くのオプションを提供します。それらのオプションの完全一覧を見るには、次を実行します:
$ virt-install --help
virt-install man ページはコマンドオプションと重要な変数を それぞれドキュメント化しています。
qemu-img は関連したコマンドであり、ストレージオプションを 設定する為に virt-install の前に使用することができます。
重要なオプションの1つは --vnc オプションです。これは ゲストインストールの為にグラフィカルウィンドウを開きます。

例6.1 KVM を使用した virt-install で Red Hat Enterprise Linux 3 のゲストを作成

この例では、仮想ネットワーキングと 5 GB のファイルベースブロックデバイスイメージを 使用して、CD-ROM から rhel3support と言う名前の Red Hat Enterprise Linux 3 ゲストを作成します。この例は KVM hypervisor を使用します。
# virt-install --accelerate --hvm --connect qemu:///system \
        --network network:default \
        --name rhel3support --ram=756\
        --file=/var/lib/libvirt/images/rhel3support.img \
        --file-size=6 --vnc --cdrom=/dev/sr0

例6.2 virt-install を使用して fedora 11 ゲストを作成

# virt-install --name fedora11 --ram 512 --file=/var/lib/libvirt/images/fedora11.img \
        --file-size=3 --vnc --cdrom=/var/lib/libvirt/images/fedora11.iso