28.12. 非常にセキュアな ftpd

vsftpd は para-virtualized ゲストの インストールツリー(例えば、Red Hat Enterprise Linux 5 のレポジトリ)又は他のデータ へのアクセスを提供します。サーバーのインストール時に vsftpd を インストールしていない場合は、インストールメディアの Server ディレクトリから RPM パッケージを取得して、rpm -ivh vsftpd*.rpm を 使用してインストールできます(RPM パッケージは作業中のディレクトリになければならないことに 注意して下さい)。
  1. vsftpd を設定するには、vipw を 使用して /etc/passwd を編集することにより、ftp ユーザーのホームディレクトリを para-virtualized ゲストのインストールツールの保存先となるディレクトリに変更します。ftp ユーザー用の エントリのサンプルは以下のようになります:
    ftp:x:14:50:FTP User:/xen/pub:/sbin/nologin
    
  2. chkconfig --list vsftpd を使用して、vsftpd が 有効になっていないことを確認します:
    $ chkconfig --list vsftpd
    vsftpd          0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
    
  3. chkconfig --levels 345 vsftpd on を実行して、ランレベル 3 と 4 と 5 で vsftpd が自動的にスタートするようにします。
  4. chkconfig --list vsftpd コマンドを使用すると、vsftpd デーモン が システムブート時にスタートするように有効になっていることを確認できます:
    $ chkconfig --list vsftpd
    vsftpd          0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off
    
  5. service vsftpd start vsftpd を使用して、vsftpd サービスを スタートします:
    $service vsftpd start vsftpd
    Starting vsftpd for vsftpd:                  [  OK  ]