Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

7.3. Windows XP を完全仮想化ゲストとしてインストール

Windows XP は完全仮想化ゲストとしてインストールできます。このセクションでは、 Windows XP を Red Hat Enterprise Linux 上に完全仮想化ゲストとしてインストール する方法を説明しています。
この工程を始める前に root アクセスを確定する必要があります。

重要

現時点では、Itanium® アーキテクチャ 上の Red Hat Enterprise Linux ホストは完全仮想化の Windows XP ゲストをサポートして いません。Itanium システムには、Itanium ベースシステム対応の Windows Server 2003 のみがサポートされています。
  1. virt-manager の開始

    アプリケーション > システムツール > 仮想マシンマネージャ の順で開きます。ホストへの接続を開きます(ファイル > 接続を開く をクリック)。新規 ボタンをクリックして 新規仮想マシンを作成します。
  2. 仮想システムの命名

    システムの名前 を入力して、それから 進む ボタンを クリックします。
  3. 仮想化メソッドの選択

    先に KVM 又は Xen を選択(ステップ ステップ 1)している場合は、自分の選択した hypervisor を使用しなければなりません。 この例では、KVM hypervisor を使用します。
    Windows は完全仮想化を使用してのみインストールが可能です。
  4. インストールメソッドの選択

    この画面は、ユーザーがインストールのメソッドとオペレーティング システムのタイプを指定できるようにしてくれます。
    CD-ROM 又は DVD でのインストールには、Windows インストールデスクが 入っているデバイスを選択します。ISO イメージの場所 を選択する場合は、Windows インストールの .iso イメージへの パスを入力して下さい。
    OS タイプ のリストから Windows を 選択して、OS 変種 のリストから Microsoft Windows XP を 選択します。
    PXE でのゲストのインストールは Red Hat Enterprise Linux 5.2 でサポートが あります。ただし PXE インストールはこの章では取り扱いません。
    進む をクリックして継続します。

    警告

    ISO イメージファイルとストレージイメージには、/var/lib/libvirt/images/ ディレクトリの使用が推奨されます。他の場所では、SELinux に追加の設定が必要になります。 詳細は、「SELinux と仮想化」 を参照して下さい。
  5. ストレージスペースの割り当て ウィンドウが表示されます。 ディスクパーティションか、LUN か、又は 「ゲストストレージ用のファイルベース イメージの作成」を選択します。
    全てのファイルベースゲストイメージは /var/lib/libvirt/images/ ディレクトリに格納されるべきです。ファイルベースイメージ用には他のディレクトリは SELinux で禁止されています。SELinux を enforcing モードで実行する場合は、ゲストのインストール についての詳細を 「SELinux と仮想化」 で参照して下さい。
    アプリケーションや他のデータの為にゲストが追加のスペースを必要とする場合、 余分のスペースを割り当てます。例えば、ウェブサーバーはログファイル用に 追加のスペースを必要とします。
    選択したストレージタイプでゲスト用に適切なサイズを選びます。それから 進む ボタンをクリックします。

    注記

    仮想マシンにはデフォルトのディレクトリ、/var/lib/libvirt/images/ の 使用が推奨されます。別の場所(この例では、/images/)を使用している 場合は、インストールを継続する前に確実にそれが SELinux ポリシーに追加されるように して下さい(このドキュメントの後で SELinux ポリシーの変更の仕方が案内してあります)。
  6. ネットワークのセットアップ

    仮想ネットワーク 又は 共有物理デバイスを選択します。
    仮想ネットワークオプションは NAT(Network Address Translation)を使用して 仮想化ゲストを持つデフォルトのネットワークデバイスを共有します。ワイヤレス ネットワークには仮想ネットワークオプションを使用して下さい。
    共有物理デバイスオプションはネットワークボンドを使用して、仮想化ゲストが ネットワークデバイスに全面的なアクセスができるようにします。
    進む をクリックして継続します。
  7. メモリーと CPU の割り当てウィンドウが表示されます。仮想化 CPU と RAM の 割り当てに適切な値を選択します。これらの値はホストとゲストのパフォーマンスに 影響します。
    仮想化ゲストは、効率的にそして効果的に稼働するために十分な物理メモリー (RAM) を必要とします。使用するゲストオペレーティングシステムとアプリケーションの 必要性に適合するメモリーの値を選択します。ほとんどのオペレーティングシステムは 正常に機能するために最低でも 512MB の RAM を必要とします。ゲストは物理 RAM を 使用することを忘れないで下さい。過度の数のゲストを稼働したり、ホストシステム用に不十分なメモリーを設定 していると、仮想メモリーとスワップをかなり使用することになります。仮想メモリーは 確実に低速であり、システムパフォーマンスと反応性の低下の原因となります。 全てのゲストとホストが効率的に稼働できるように十分なメモリーを割り当てる ことを確認して下さい。
    十分な仮想 CPU を仮想ゲストに割り当てます。ゲストがマルチスレッドの アプリケーションを実行する場合は、最も効率良く実行するのにゲストが必要な仮想化 CPU の数を割り当てます。ホストシステム上で利用できる物理プロセッサ (又はハイパースレッド)の数量以上の仮想 CPU を割り当てないで下さい。 仮想プロセッサの超過割り当ては可能ですが、超過割り当ては、プロセッサの コンテキストがオーバーヘッドを切り替えるため、ゲストとホストのパフォーマンスに重大な悪影響を与えます。
  8. インストールが継続される前に、要約の画面が表示されます。完了 をクリックしてゲストインストールへと進みます。
  9. インストールがスタートした後に素早くコンソールウィンドウが開くように、ハードウェア選択をする必要があります。完了 をクリックして、 virt-manager 要約ウィンドウに切り替えて、新しく開始した Windows ゲストを選択します。システム名をダブルクリックするとコンソールウィンドウが 開きます。素早く F5 を数回押して、新規の HAL を 選択します。Windows インストールにダイアログボックスが出ると、Generic i486 Platform タブを選択します。UpDown の矢印で選択肢を移動します。
  10. インストールは標準の Windows インストールと同様に進みます。
  11. プロンプト時にハードドライブのパーティション設定
  12. ドライブがフォーマットされた後に、Windows はハードドライブへファイルのコピーを開始します。
  13. ファイルはストレージデバイスにコピーされて、Windows がここで再起動します。
  14. Windows ゲストを再起動:
    # virsh start WindowsGuest
    ここで、WindowsGuest とは、ご使用の仮想マシンの 名前です。
  15. コンソールウィンドウが開くと、Windows インストールのセットアップ段階が出てきます。
  16. ユーザーのインストールがセットアップ段階で止まったように見える場合、 virsh reboot WindowsGuestName を使用してゲストを再起動して下さい。仮想マシンを再起動すると、 Setup is being restarted のメッセージが出てきます:
  17. セットアップが終了したら、Windows のブート画面が出てきます:
  18. この時点で Windows インストールの標準のセットアップを継続できます:
  19. これでセットアッププロセスは完了です。