Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

28.13. LUN 永続化の設定

このセクションは、ゲストとホストマシン上でマルチパスがある場合と無い場合に 於ける LUN 永続化 の実装法を説明しています。
multipath を使用しないで LUN 永続化の実装

システムがマルチパスを使用していない場合、udev を使用して LUN 永続化を実装することができます。自分のシステムで LUN 永続化の実装をする前に、正しい UUID を取得することを確認して下さい。これらを取得した後は、/etc ディレクトリ内にある scsi_id ファイルを編集して LUN 永続化を設定できます。テキストエディタでこのファイルを開いたら、以下の行をコメントアウトする必要があります:

# options=-b
そして、これを次のパラメータで入れ換えます:
# options=-g
これが、返って来る UUID の為にシステム SCSI デバイス全てを監視するように udev に指示します。システム UUID を決定するには、以下のように scsi_id コマンドを使用します:
# scsi_id -g -s /block/sdc
*3600a0b80001327510000015427b625e*
この出力内の長い文字列は UUID です。UUID はユーザーが新規デバイスをシステムに 追加しても変化しません。デバイス群用のルールを作成するために各デバイス毎に UUID を取得して下さい。新規のデバイスルールを作成するには、/etc/udev/rules.d ディレクトリ内にある 20-names.rules ファイルを 編集します。デバイス命名ルールは以下の形式に従います:
# KERNEL="sd*",  BUS="scsi",  PROGRAM="sbin/scsi_id", RESULT="UUID", NAME="devicename"
既存の UUIDdevicename を、上記の取り込んだ UUID エントリに入れ換えます。その規則は以下に似たものになります:
KERNEL="sd*",  BUS="scsi",  PROGRAM="sbin/scsi_id", RESULT="3600a0b80001327510000015427b625e", NAME="mydevicename"
これが、 /dev/sd* パターンに一致する全てのデバイスを有効にして、任意の UUID を検査するようになります。一致するデバイスを発見した場合、 /dev/devicename と呼ばれるデバイスノードを作成します。この例では、デバイスノードは /dev/mydevice にしています。最後に /etc/rc.local ファイルに以下の行を追記します:
/sbin/start_udev
multipath を使用した LUN 永続化の実装

マルチパス環境内で LUN 永続化を実装するには、マルチパスデバイス用のエイリアス名を定義する必要があります。例えば、/etc/ ディレクトリ内にある multipath.conf ファイルを編集して、四つのデバイスエイリアスを定義する必要があります。

multipath  {  
             wwid       3600a0b80001327510000015427b625e
             alias      oramp1
}
multipath  {  
             wwid       3600a0b80001327510000015427b6
             alias      oramp2
}
multipath  {  
             wwid       3600a0b80001327510000015427b625e
             alias      oramp3
}
multipath  {  
             wwid       3600a0b80001327510000015427b625e
             alias      oramp4
}
これが、4 つ の LUN を定義します: /dev/mpath/oramp1/dev/mpath/oramp2/dev/mpath/oramp3、及び dev/mpath/oramp4 です。デバイスは /dev/mpath ディレクトリ内に存在します。これらの LUN 名は、各 LUN 毎の wwid 上でエイリアス名を作成する為、再起動後にも残る永続性を持ちます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。