Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第16章 xend を使用したゲストの管理

xend ノード制御デーモンは、仮想マシンに関連した特定のシステム管理機能を果たします。このデーモンが仮想化リソースを制御するため、xend は 仮想マシンと相互交流するように稼動していなければなりません。xend を開始する前に、xend 設定ファイルである、/etc/xen/xend-config.sxp を編集することにより、操作パラメータを 指定する必要があります。xend-config.sxp 設定ファイルで 有効、又は無効にできるパラメータを以下に示します:

表16.1 xend の設定パラメータ

項目 説明
(console-limit)
コンソールサーバーのメモリーバッファの限度を決定し、その限度をドメイン単位ベースで割り当てます。
(min-mem)
domain0 用に予約される最小限のメガバイト数を決定します(0 を入力すると値は変化しません)。
(dom0-cpus)
domain0 で使用する CPU の数量を決定します(デフォルトで、最低1つの CPU が割り当てられます)
(enable-dump)
これが有効になっている場合にクラッシュが発生すると、Xen はダンプファイルを 作成します(デフォルトは 0)。
(external-migration-tool)
外部デバイスの移行を処理するスクリプト、又はアプリケーションを決定します。スクリプトは etc/xen/scripts/external-device-migrate ディレクトリにある必要があります。
(logfile)
ログファイルの場所を決定します (デフォルトでは、/var/log/xend.log)。
(loglevel)
ログモードの値をフィルターにかけます: DEBUG, INFO, WARNING, ERROR, CRITICAL(デフォルトは DEBUG)。
(network-script)
ネットワーク環境を有効にするスクリプトを決定します。スクリプトは etc/xen/scripts ディレクトリに存在する必要があります。
(xend-http-server)
http ストリームパケット管理サーバーを有効にします (デフォルトは 「no」)。
(xend-unix-server)
UNIX ドメインソケットサーバーを有効にします。ソケットサーバーは、低レベルのネットワーク接続を処理し、来信の接続を受理したり拒否したりする通信エンドポイントです。デフォルト値は 「yes」にセットされています。
(xend-relocation-server)
相互マシン移行用に移転サーバーを有効にします (デフォルトは 「no」)。
(xend-unix-path)
xend-unix-server コマンドがデータを出力する場所を決定します (デフォルトでは、var/lib/xend/xend-socket)。
(xend-port)
http 管理サーバーが使用するポートを決定します (デフォルトは 8000)。
(xend-relocation-port)
移転サーバーが使用するポートを決定します (デフォルトは 8002)。
(xend-relocation-address)
移行が許可されるホストアドレスを決定します。デフォルト値は、 xend-address の値です。
(xend-address)
ドメインソケットサーバーのバインド先のアドレスを決定します。デフォルト値は 全ての接続を許可します。
これらの操作パラメータを設定した後には、xend が稼動していることを確認しなければなりません。稼動していない場合、デーモンを開始します。コマンドプロンプトで、次の入力をして xend デーモンを開始することができます:
service xend start
xend を使ってデーモンを停止することができます:
service xend stop
これがデーモンの動作を停止します。
xend を使ってデーモンを再開始することができます:で
service xend restart
デーモンはもう一度開始します。
xend デーモンのステータスをチェックすることができます。
service xend status
出力はデーモンのステータスを表示します。

注記

chkconfig コマンドを使用して、xendinitscript に追加します。
chkconfig --level 345 xend
これで、xend は、ランレベル 3、4、及び 5 で開始します。