32.5. para-virtualized ドライバーが正常にロードされたことを確認

実行すべき最初のタスクの1つは、ドライバーが実際にシステム内にロード されたことを確認することです。
para-virtualized ドライバーがインストールされて、ゲストが再起動した後に、 ドライバーがロードされたことを確認できます。先ず、ドライバーがそのローディングを /var/log/messages にログしていることを確認します。
# grep -E "vif|vbd|xen" /var/log/messages
                    xen_mem: Initialising balloon driver
                    vif vif-0: 2 parsing device/vif/0/mac
                    vbd vbd-768: 19 xlvbd_add at /local/domain/0/backend/vbd/21/76
                    vbd vbd-768: 19 xlvbd_add at /local/domain/0/backend/vbd/21/76
                    xen-vbd: registered block device major 202
又は、lsmod コマンドを使用してロードされた para-virtualized ドライバーを一覧表示することもできます。それが xen_vnifxen_vbdxen_platform_pci、及び xen_balloon のモジュールを 含む一覧を出力するはずです。
# lsmod|grep xen
xen_vbd                19168  1 
xen_vnif               28416  0 
xen_balloon            15256  1 xen_vnif
xen_platform_pci       98520  3 xen_vbd,xen_vnif,xen_balloon,[permanent]