第4章 仮想化の制限

この章では、Red Hat Enterprise Linux の仮想化パッケージに於けるその他の 制限を説明しています。

4.1. 仮想化に於ける一般的制限

hypervisor の切り替え

現時点では、Xen ベースのゲストを KVM に切り替えたり、KVM ベースのゲストを Xen に 切り替えたりするアプリケーションは存在しません。ゲストはそれが作成された hypervisor のタイプ上でのみ使用できます。このタスクを自動化するようなアプリケーションの 開発がこのマニュアル作成の時点で開発中です。このアプリケーションは Red Hat Enterprise Linux の 将来のバージョンでリリースされるかも知れません。

他の制限

仮想化に影響を与える他の制限や問題の全ての一覧を見るには、ご使用のバージョンの 『Red Hat Enterprise Linux リリースノート』 をお読み下さい。 『リリースノート』は現在の新しい機能や既知の問題や制限などを その更新や発見の時点で提供します。

導入前のテスト

大負荷の I/O アプリケーションを導入する前に、予期される最大負荷と仮想化ネットワークのストレスをテストすべきです。増加した I/O を使用する仮想化の影響でパフォーマンスが低下するため、ストレステストは重要になります。