第5章 仮想化パッケージをインストール

仮想化を使用できるようにするためには、仮想化パッケージが Red Hat Enterprise Linux 上に インストールされている必要があります。仮想化パッケージはインストールシーケンスの 途中か、又は yum コマンドと Red Hat Network (RHN) を 使用してインストールの後にインストールすることが出来ます。
単一のシステムに KVM hypervisor と Xen hypervisor の両方をインストールすることが できます。Xen hypervisor は kernel-xen パッケージを使用し、 KVM hypervisor は kvm カーネルモジュールを持つデフォルトの Red Hat Enterprise Linux カーネルを使用します。Xen と KVM はそれぞれ異なるカーネルを 使用し、任意の時点にどちらかの hypervisor の1つのみがアクティブになることができます。 Red Hat では、ユーザーが仮想化に使用する予定の hypervisor の一方だけをインストールする ことを推奨します。
hypervisor を Xen から KVM へ、又は KVM から Xen へ変更するには、「KVM と Xen hypervisor との間での切り替え」 を参照して下さい。

5.1. Red Hat Enterprise Linux の新規インストールで Xen を インストール

このセクションは、Red Hat Enterprise Linux の新規インストールの一部として、 仮想化ツールと Xen パッケージのインストールを説明しています。

注記

インストールガイド』(redhat.com から入手可能)は Red Hat Enterprise Linux のインストールの詳細を取り扱います。
  1. Red Hat Enterprise Linux のインストール CD-ROM、DVD、あるいは PXE から 対話式の Red Hat Enterprise Linux インストールを開始します。
  2. プロンプトが出たら、有効なインストール番号を入力して、仮想化と他の高度なプラットフォーム パッケージへのアクセス権を受理するようにします。
  3. パッケージ選択のステップまで他のステップを完了して下さい。
    仮想化(Virtualization) パッケージグループを選択して、 今、カスタマイズする(Customize Now) ラジオボタンを選択します。
  4. Virtualization パッケージグループを選択します。 Virtualization パッケージグループは Xen hypervisor、virt-managerlibvirt、及び virt-viewer、それにインストール用のすべての依存関係を選択します。
  5. パッケージをカスタマイズ(必要な場合)

    他の仮想化パッケージが必要な場合は、Virtualization グループを カスタマイズします。
    閉じる をクリックしてから、 を クリックしてインストールを継続します。

重要

仮想化パッケージに更新を受け取るには、有効な RHN 仮想化のエンタイトルメントが 必要です。
キックスタートファイルで Xen パッケージをインストール

このセクションでは、Xen hypervisor パッケージを用いた Red Hat Enterprise Linux のインストールに於けるキックスタートファイルの使用法を 説明します。キックスタートファイルは各システムにユーザーの手動インストール無しで 大規模な自動化したインストールを可能にします。このセクション内のステップは、仮想化パッケージを持つ Red Hat Enterprise Linux のインストールの為にユーザーが キックスタートファイルの作成とその使用をするためのお手伝いをします。

使用するキックスタートファイルの %packages セクションで、以下のパッケージグループを追記します:
%packages
@virtualization

注記

Itanium® アーキテクチャ上の 完全仮想化には、ゲストファームウェアイメージパッケージ(xen-ia64-guest-firmware)が 必要です。使用するキックスタートファイルにこのパッケージを追記します。
xen-ia64-guest-firmware
キックスタートファイルに関する詳細情報は Red Hat のウェブサイト:redhat.com にある 『インストールガイド』 をご覧下さい。