28.2.2. KVM から Xen へ

以下の手順は KVM hypervisor から Xen hypervisor への変更を説明しています。この 手順は kvm パッケージがインストールしてあり、有効になって いることを想定しています。
  1. Xen パッケージをインストール

    まだ、kernel-xenxen の パッケージをインストールしていない場合はインストールします。
    # yum install kernel-xen xen
    
    kernel-xen パッケージはインストールされていて、無効に なっている可能性があります。
  2. どのカーネルが使用中かを確認

    uname コマンドを使用すると、どのカーネルが実行中であるか 判定できます。
    $ uname -r
    2.6.18-159.el5
    
    現在のカーネル "2.6.18-159.el5" はシステム上で実行中です。 これがデフォルトのカーネルです。カーネルがその末尾に xen を 持つ場合(例えば、2.6.18-159.el5xen)、Xen カーネルが 実行中であるため、このサブステップは無視しても結構です。
    1. デフォルトカーネルから Xen カーネルへ変更

      grub.conf ファイルはどのカーネルがブートされるかを決定します。 デフォルトのカーネルを変更するには、/boot/grub/grub.conf ファイルを以下のように編集します。
      default=0
      timeout=5
      splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz
      hiddenmenu
      title Red Hat Enterprise Linux Server (2.6.18-159.el5)
              root (hd0,0)
              kernel /vmlinuz-2.6.18-159.el5 ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00 rhgb quiet
              initrd /initrd-2.6.18-159.el5.img
      title Red Hat Enterprise Linux Server (2.6.18-159.el5xen)
              root (hd0,0)
              kernel /xen.gz-2.6.18-159.el5
              module /vmlinuz-2.6.18-159.el5xen ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00 rhgb quiet
              module /initrd-2.6.18-159.el5xen.img
      
      default=0 パラメータに注意して下さい。 これは、GRUB ブートローダに対して最初のエントリ(デフォルトカーネル)をブート するように指示しています。デフォルトを 1 (又は Xen カーネルの番号)に変更します:
      default=1
      timeout=5
      splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz
      hiddenmenu
      title Red Hat Enterprise Linux Server (2.6.18-159.el5)
              root (hd0,0)
              kernel /vmlinuz-2.6.18-159.el5 ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00 rhgb quiet
              initrd /initrd-2.6.18-159.el5.img
      title Red Hat Enterprise Linux Server (2.6.18-159.el5xen)
              root (hd0,0)
              kernel /xen.gz-2.6.18-159.el5
              module /vmlinuz-2.6.18-159.el5xen ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00 rhgb quiet
              module /initrd-2.6.18-159.el5xen.img
      
  3. 再起動して新しいカーネルをロードします。

    システムを再起動します。コンピュータは Xen カーネルで再スタートするでしょう。 uname コマンドを使用して確認します:
    $ uname -r
    2.6.18-159.el5xen
    
    出力が末尾に xen を示すなら、Xen カーネルが稼働しています。