Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

14.4. Para-virtualized ネットワークドライバーの設定

para-virtualized ネットワークドライバーがロードされると、ゲストネットワークの インターフェイスを再設定して、ドライバーと仮想イーサネットカードの変更を反映させる 必要があるかも知れません。
ゲスト内でネットワークインターフェイスの再設定をするには以下の手順に従います。
  1. virt-manager 内で、ゲスト用のコンソールウィンドウを開いて、 root としてログインします。
  2. Red Hat Enterprise Linux 4 では、ファイル /etc/modprobe.conf が “alias eth0 xen-vnif” を含んでいることを 確認します。
    # cat /etc/modprobe.conf
    alias eth0 xen-vnif
    
  3. eth0 の現在の設定を表示するには、“# ifconfig eth0” を 実行します。デバイスが存在しないことを示すエラーが出た場合は、「para-virtualized ドライバーを手動でロードする」 に 示してある手順で、手動でモジュールをロードする必要があります。
    ifconfig eth0
    eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:00:00:6A:27:3A  
              BROADCAST MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
              RX packets:630150 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
              TX packets:9 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
              collisions:0 txqueuelen:1000 
              RX bytes:109336431 (104.2 MiB)  TX bytes:846 (846.0 b)
    
  4. コマンド、 “# system-config-network” を使用して ネットワーク設定ユーティリティ(NetworkManager) を開始します。 “「進む」(Forward)” ボタンをクリックしてネットワーク 設定を開始します。
  5. 「Xen 仮想イーサネットカード(eth0) の作成」(Xen Virtual Ethernet Card (eth0)) エントリを選択します。そして、「進む」(Forward) を クリックします。
    必要に応じてネットワークを設定します。
  6. 「適用」(Apply) ボタンを押して設定を完了します。
  7. 「アクティベート」(Activate) ボタンを押して、 新しい設定を適用し、ネットワークを再開始します。
  8. そうすると、IP アドレスが割り当てられた新規のネットワークインターフェイスが 見えるはずです。
    ifconfig eth0
    eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:16:3E:49:E4:E0
              inet addr:192.168.78.180  Bcast:192.168.79.255  Mask:255.255.252.0
              UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
              RX packets:630150 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
              TX packets:501209 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
              collisions:0 txqueuelen:1000 
              RX bytes:109336431 (104.2 MiB)  TX bytes:46265452 (44.1 MiB)